クソログ

強くなければ生きていけない、優しくなければ生きていく資格がない

今年の抱負 クソログさんカフェインやめるってよ

今年に入って、カフェイン飲料を一切摂取していない。今の俺はたぶんカフェイン中毒だと思う。自動販売機でコーヒーとか買ってしまう癖があり、そういうのをやめたいので脱カフェインをしたい。缶コーヒーは砂糖の量も多いし、血糖値が急降下したりして、体にも良くないと思われる。歯が汚れるのも嫌だし、睡眠の質が落ちるのも嫌だ。なによりカフェインはメンタルに与える影響が大きいと感じている。

自分についてより深く理解するために、この度遺伝子検査なるものを受けてみた。(唾液を郵送するだけで非常に簡単なので、気になる人は受けてみるといいと思う。)




カフェインが不安感や焦燥感に影響を与えることはよく知られている。


まずは「不確実なことへの恐れ」に関する遺伝子である。

f:id:lets0720:20190112235052p:plain
f:id:lets0720:20190113002345p:plain

不確実なことに対する不安感が強いという結果が出た。





次に、「ネガティブ思考になりやすい」かの遺伝子である。
f:id:lets0720:20190112235637p:plain

f:id:lets0720:20190112235729p:plain

ネガティブ思考になりやすい傾向の方なり人は、不安や怒り、それらに関連したネガティブな感情・行動を引き起こしやすい傾向の人である。ネガティブ思考になりやすいという結果が出た。





次に、「ストレスに対する反応性」の遺伝子である。
f:id:lets0720:20190113000023p:plain
f:id:lets0720:20190113000055p:plain
f:id:lets0720:20190113000110p:plain

ストレスに対する反応性が高いという結果が出た。ストレスに対する反応性が高い人は、過度に緊張状態にあり、心配や不安を抱きやすく、情緒が不安定になりやすい傾向にある。





そして、最後に「カフェインによる不安の感じやすさ」に関する遺伝子結果である。
f:id:lets0720:20190113000421p:plain
f:id:lets0720:20190113000500p:plain

カフェイン摂取により不安を感じやすい傾向にあるという結果がでた。


まとめると俺は総じて不安や心配を抱きやすい悲観的な人間であり、カフェインを摂取することでより不安感が増大しやすい人間だということがわかった。典型的な豆腐メンタルジャパニーズと言えるかもしれない。
そんな人間がカフェインを恒常的に摂取するのは自殺行為ともいえる。
検査結果には論文ランクの低いものから高いものもあるが、結果自体は自分を顧みると概ね間違ってないように感じる。
これを機に長く続いたカフェイン生活に終止符を打つ決意をした。
今のところは順調。自販機やコンビニとかで缶コーヒーやボトルコーヒーを見ると飲みたい衝動に駆られるけど我慢できている。過度な不安は自信の喪失にもつながるから、本当にろくなことがない。だから俺はカフェインやめる。

【GeneLife Genesis2.0(ジーンライフ ジェネシス)】