クソログ

強くなければ生きていけない、優しくなければ生きていく資格がない

エースをアンカー(最終走者)に置く意味

子供のころから不思議だと思っていたことの一つに、エース、いわゆる一番早い走者をアンカーに選出することがある。
運動会にしろ一番早いと思われる人をアンカーにするという暗黙の雰囲気みたいなものがあったように思う。だけどこれって実はほとんど意味がないというか、それどころか損な行いなんじゃないかと思うようになった。
というのも、一番早い人は、一番長い距離を走るべきだからである。それが勝つうえで最も得である。むろん最初だろうが、真ん中だろうが、最後だろうが走る距離は同じなのだが、例えば、1週が200mだとして、アンカーで2位の時に150mまで走った時点で、1位がゴールすると、そこで勝負は決してしまうのだから、その2位のアンカーは150m分しか力を発揮できていないことになる。これが最終以外の走者だったら、どうか。きちんと200m分の価値を持つことになる。もちろん3位、4位にならないという意味においては最終走者でも200m分の力を発揮できるので無駄ではないのかもしれない。
そもそもトータルの時間では同じなんだから、エースを前に持ってこようが、後ろに持ってこようが意味ってあるんだろうか。
エースを最終走者に置く意味、必要性ってなんなんだろう。エースを最後に持ってきた方が盛り上がるかもしれんけど、それ以外の理由ってなんなんだろう。浅学のため俺にはわからないけれど、誰か詳しい人がいたら教えてください。