クソログ

強くなければ生きていけない、優しくなければ生きていく資格がない

テストステロンが足りない

www.sekaihaasobiba.com

参戦してきました。予想通りというか、参加者は多くなかった。騙された気分。今回はプロフィールカードが無いタイプのイベントだったので、会話のとっかかりを探すのに苦労した。
女性が7人。男もそのくらいかな。そのうち女性4人は、かなり遠方から来てたし、感触もあまりよくなかったから、発展させるのは難しそう。残りの3人は3対2で最後の席で当たったのだけれど、話をふっても、女子会みたいに大半をその3人で話してて、あまり会話にならなかった。かなりの頻度で街コンに参加しているようで、悪い意味でスレていた3人だった。東京タラレバ娘みたいな人たち。

自分にすごく自信があって、自分が選ぶ側の人間だと思っている人たち。

男性は自分に自信がある方がモテるけれど、女性はその逆で、自分に自信のある女性って案外モテない。一見女性も自信がある方がモテそうだけど、実際はそうじゃない。これは心理学の研究でも明らかにされている。

自信のある女性からは、自分は選ばれるだけの価値があるからそれに見合った価値を提供しろという独特の圧がどうしても滲み出てしまう。男性はそういう人と一緒にいても、その圧を感じとってしまい安らげないのだと思う。

さて。

会話中に職業の話に及ぶと、なぜかいつも「コンピュータ関係かと思いました」といわれることが多い。以前も何度か言われたことがある。これは良くない傾向である。なぜなら、体を動かさず、かつ会社という猿山のヒエラルキーに組み込まれる仕事は低テストステロン職の筆頭だからである。つまり、いかにもオタクで非モテっぽい低テストステロン男のオーラが出ているというわけだ。まだまだ筋トレと禁欲が足りないということだろう。それがわかっただけでも収穫かもしれない。
テストステロンの分泌のされやすさは、ぶっちゃけ遺伝の影響もあるから、努力だけでは限界もあるかもしれないけれど、理想の体をつくれたわけじゃないので、まだ改善の余地がありそうだ。

東京タラレバ娘(1) (Kissコミックス)

東京タラレバ娘(1) (Kissコミックス)