クソログ

強くなければ生きていけない、優しくなければ生きていく資格がない

恋愛ダイエット

恋愛は痩せる上で大きな動機となる。例えば次のデートまでに一ヶ月あれば、当日までに減量期のボクサーのように、体重コントロールをしようという意欲が湧いてくる。
とりわけ男は体脂肪率がテストステロン、すなわちモテに直結してくるのでなおさらモチベーションアップにつながる。とはいえ、いきなり激しい運動や、極端な食事制限をしても、なかなか続かない。
おすすめは一食のみ、米やパン、麺類といった炭水化物を摂取しないようにすること。これにMCTオイルを加えると、体脂肪が徐々に減っていく。人間が主に太る理由はカロリーそのものではなく、糖質をとることにより血糖値が上昇することで脂肪を蓄えてしまうことによる。

実は、炭水化物、糖質をとると、テストステロンが減少することが知られている。炭水化物は農耕によって生み出された備蓄型の食料で、腐りにくく、食べれば脂肪として蓄えられる。農耕により人は狩猟の必要が無くなっていった。農耕により、テストステロンは不要になったのだ。
逆に、肉や魚といったたんぱく質の摂取はテストステロンを増加させることが知られている。食べ物の保存が困難ですぐに腐ってしまう狩猟時代にこれらを食べることができたのは、闘争心があり、強い男だけだった。筋肉をつけるにはたんぱく質が不可欠である。

だから体脂肪の少ない筋肉質な男は性的魅力が高くモテる傾向にある。モテるのに何からはじめればいいかわからない場合はとりあえず、体脂肪率を落とすことからはじめると良い。
また、自分で体重をコントロールし引き締まった体をつくることは自信にもつながる。自分の体に自信がつけば、積極的になれる場面も増え、それがまた良い循環を生み出す。
それがまた、ダイエットのモチベーションになる。無限ループである。