クソログ

強くなければ生きていけない、優しくなければ生きていく資格がない

愛深き故に愛を捨てた男

www.sekaihaasobiba.com


いよいよ明日。と、いってもいきなり告白するわけにもいかんだろうから、とりあえず親睦を深めることができれば、という感じではある。
明日は仕事だから、仕事が終わってからの参戦となる。


唐突だけれど、あらゆる生物の目的とは繁殖である。なぜ非モテコミットは嫌われるのか。答えはとてもシンプル。それは1人の人間に対する一途なコミットメントが非モテの証明に他ならないからである。1人の人間に固執するということは、その他の女から相手にされていない非モテだということだ。非モテの遺伝子を貰うと、自分の子も非モテになり、繁殖は絶えてしまう。それだけは避けたいと、女は本能的に遺伝子レベルで考えている。だから、非モテコミットは嫌われる。

非モテコミットとは、欲求不満な男がちょっと優しくしてくれた女性を簡単に好きになったり、この女性しかいないと思いつめて好かれるために必死にアプローチすること。女性から「キモい」と思われるか、「搾取相手」にしかされなくなる。

このままだと、俺はまた非モテコミットルートになりそうな気がする。「まずは友達から」と、大事に大事にいって結局駄目になるパターン。でも、なんかもう、それでもいいかなという気もする。俺はなんだかんだで非モテの自分が好きなのかもしれない。一途でありたい。それゆえに嫌われるならそれでいい。


さて。


おそらく、明日の人数構成は女2人、男3人であるが、もともと12人くらいいたグループラインも、女性を筆頭にどんどん退会していって、女性はもともと知り合い同士だった女性2人だけが残った。俺が気になってる子はその内の1人だから、問題ないと言えばないのだけれど、何かがひっかかる。彼女らは男性には全員に参加を促していたのに、女性には全く声をかけていない。その過程の中でグループラインから他の女性が退会していった節もある。少し怖いというか、何かとんでもない闇がひそんでいるのではないか、そんな気がしてならない。