クソログ

強くなければ生きていけない、優しくなければ生きていく資格がない

2018年以降に生き残る仮想通貨とは

昨日ご紹介したリップル1万円がもらえるキャンペーン、予想通りというか、ものすごい勢いで登録されています。
開始直後はアクセス過多で速攻ダウンしていましたが、現在は問題なく参加できるみたいです。

大人気プレゼント企画!1万円分のリップルか現金が必ずもらえます

ちなみに、登録すると最初に起業センス診断というものの案内があります。
簡単なアンケートに答えていくと、自分が起業家としてどんな適性を持っているかということがかなり具体的に分かって面白いです。
これは本来受けるのに5400円くらいかかるテストなのですが、キャンペーン参加者は無料なので、ぜひ面倒くさがらず試してみることをお勧めします。
今は起業をあまり考えていないサラリーマンの方でも、診断を受けてみると意外と適性があったりするかもしれませんよ。


個人的にはプレゼントの動画視聴ページで無料でダウンロードできる「2018最新版-仮想通貨上位26銘柄完全分析ファイル」がかなりお勧めです。
これは加藤さん自身がかなりの時間を費やして実際の仮想通貨の銘柄を一つ一つ分析し、その特徴や将来性などをエクセルの表にまとめたものです。

普通にこれだけでお金とれるレベルです。
ちなみに仮想通貨セミナーの3章「真の仮想通貨について考察する」では、これらの通貨をさらに深堀りして解説しています。

現在は仮想通貨戦国時代で、マイナーなものを含めると、1500以上の仮想通貨の銘柄があると言われます。
マイナーな仮想通貨の銘柄をアルトコインと呼びますが、当然その中には将来メジャーになっていくものもあるでしょう。
世間が注目する前にそうした銘柄を発掘して投資できれば、数百倍を超えるようなリターンも期待できます。


ただ、仮想通貨の銘柄分析はかなり難易度が高いです。
まず、ブロックチェーンの知識がないと、ホワイトペーパーを読んでも専門用語が多すぎて仕組みがまったく理解できません。
しかも日本語訳されているものはほとんどありません。

業界の最新情報もほぼすべて英語です。
また、仮に素晴らしいコンセプトの銘柄を見つけたとしても、それだけで成功が約束されるわけではありません。
それは技術的に実現可能か?というテクノロジー的な知識も必要となりますし、それを事業として世に広められるか?という経営者目線での分析も必要となります。
その点、加藤さんは帰国子女で英語ペラペラ&プロのITエンジニア&MBAホルダー&成功している経営者&仮想通貨数億円ホルダーなので、その辺のよく分からない一般人の分析よりかなりあてになります。

仮想通貨関連の無料キャンペーンや情報商材みたいなものは最近めちゃくちゃ多いのですが、正直ほとんど詐欺的なものです。
が、加藤さんの場合、無料コンテンツの時点ですでに圧倒的な価値があります。
普通にブロックチェーンの本とか読んで勉強しているたいていの人より、無料公開されている動画を一通り見た人の方が仮想通貨やブロックチェーンに詳しくなると思いますよ。

あと、映像見るだけでリスクゼロで1万円もらえるので、1万円はどうでもいいという人以外は、参加しとかないと損だと思います。
加藤さん的にリップルの将来的な適正価格は15,000円程度らしいので、現金よりリップルでもらっておくことをお勧めします。
もし仮説が正しければ1万円→200万円くらいになるので。放っておくにしてもなかなか夢がありますね。

動画ではその根拠も明確に語られています。
彼の適正価格の算出やピーク時期についての仮説の立て方も面白いですよ。

大人気プレゼント企画!1万円分のリップルか現金が必ずもらえます