クソログ

強くなければ生きていけない、優しくなければ生きていく資格がない

凡人が人生を変えるには大金を掴むしか道はない

凡人が人生を好転させようと思ったら、結局のところ大金を掴むしか道はない。なんだかんだで、金を持っている人間は有利である。例えば、東大生の親のほとんどが年間所得1000万円以上だというのはよく知られていることだ。親の年収が高ければ、それだけ子供に高い教育を受けさせることができる。高い教育を受けた子供は、高い学歴を身につけることができる。高い学歴を身につけた人間は、価値が高いので、所得の多い企業に入社することができる。だから、その子供はまた、高い教育を受けることができる。一方で、所得の低い親は子供に十分な教育を施すことが出来ない。高い教育を受けることができなかった人間は、低学歴になる。低学歴な人間は、価値が低いので、所得の低い企業にしか入社できない。所得が低いと、またその子供に十分な教育を施すことができない。すなわち、金持ちは金がある故に金持ちになるという、そのサイクルの中でずっと金持ちであり、貧乏人は金が無い故に金が手に入らないそのサイクルの中でずっと貧乏人のままである。

また、低所得者は高所得者よりも健康寿命が短いことで知られている。粗悪な食生活、金がないと病気になっても、治療が受けられないこと、金がないことによるストレスなどがその理由である。金は健康や命の長ささえも左右する。

ビル・ゲイツはこう言った。「人生は公平ではない。それに慣れよ」。だが皮肉なことにこれを発言したビル・ゲイツは才能もさることながら、何不自由ない極めて裕福な家庭に生まれ育った。ゲイツが入学したハーバード大学の4年間の学費は約2800万円(ゲイツは中退したが)。とても一般家庭に支払える額ではない。当時は高額だったコンピュータも個人で所持していた。ゲイツは金持ちの家庭で生まれた故に大金持ちになった典型である。そして、なにより残酷なのはゲイツの発言が真実だという点である。つまるところ、どれだけ自分の境遇を嘆いたところで何も変わらないのである。不公平を受け入れたうえで、自分にできる最大限のことをやるしかないのだ。
貧乏人は金が無い故に金が手に入らない。この負の連鎖から抜け出すには、大金を掴むしかない。若くて、才もあれば金がなくても、努力で負のサイクルから抜け出すことも可能だろう。だが、ある程度歳をとってしまうと、どれだけ挽回しようにも学歴だけではどうにもならない。日本社会ではドロップアウトした人間や、キャリアを積んでこれなかった人間は這い上がれないようにできている。凡人が負の連鎖から脱け出すには、大金をつかむしか、道は残されていない。
その中の選択肢として仮想通貨に投資することは悪いことではない。なぜなら、はした金を貯蓄していたところで結局何も変わらないからだ。仮に万が一、はした金を全てを失ったとしても、幸運なことに、この国には国民が健康で文化的な最低限度の生活を営むためのセーフティネットがある。全世界で俯瞰してみれば、日本に生まれただけで勝ち組なのだ。
ならば、たとえそれがギャンブルだとしても、人生を変えることができる可能性があるなら投資する価値や意味は十分にある。なにもしなければそのまま貧困層は貧困層のままなのだから。
それに長期的に見れば、かなり勝率の良いギャンブルでもある。仮想通貨市場は労働市場と違って、参入者を差別しない。年齢も学歴もキャリアも関係ない。誰にでも可能性が開かれている。もちろんギャンブルとしてではなく、仮想通貨について勉強し、信念を持って長期的な視点で投資すれば、それだけ投資パフォーマンスも上がるはずである。
もちろんリスクを完全に0にすることはできない。リスクなくして大金はつかめない。だが、適切なリスクをとることができる人間は大金を掴むことができるのも事実である。このような機会は何度も訪れるものではない。今のうち仕込んでおくに越したことはない。

仮想通貨(暗号通貨)の取引をはじめるなら、Zaifがおすすめ。