クソログ

強くなければ生きていけない、優しくなければ生きていく資格がない

仮想通貨の安全性が高い理由

仮想通貨にはビットコインの産みの親とされるサトシ・ナカモト氏によって発明されたブロックチェーンという技術が使われており、電子データである仮想通貨の安全性を担保している。取引データを一定量ごとにブロックと呼ばれる塊にし、そのブロックを鎖のように連続して記録する形態が、その名前の由来となっている。ビットコインの場合だと、世界中の取引データを10分ごとに新しいブロックにして、それをつなげていく。すでにあるブロックと新たなブロックを繋げるには高度な計算を行い、答えを出す必要があるが、このブロックを繋げる作業をマイニング、あるいは発掘と呼ぶ。
世界中で高性能のコンピュータとそれを動かすための莫大な電気をつかってマイニングは行われている。その答えを計算した人は、その労力に対する報酬としてビットコインが受け取れる仕組みになっている。そのインセンティブが設定されることで、システムの稼働が自律的に継続するように設計されているのである。
我々が普段使う銀行などの金融機関の取引データは銀行の中央サーバで管理し、取引データを一元的に処理することから中央集権型システムと呼ばれている。こうしたシステムは中央サーバが攻撃されるなど何らかの障害が起こると、集められた情報が改ざんされたり、流出してしまう危険性がある。
一方、ブロックチェーンは管理者は存在せず、世界中につながったコンピュータで取引データを共有する。こうした管理方法を分散型台帳システムといい、不特定多数のコンピュータに分散して管理されているので、データを改ざんするのは実質不可能とされている。データを分散して保存するため、大規模な障害が起こりにくいというメリットがあるのだ。こうした安全性が認知されてきたこともビットコインをはじめとする仮想通貨の価格上昇につながっているのである。

仮想通貨の取引をはじめられる方は、Zaifがおすすめ。