クソログ

愛は、誰を救えるのだろうか?孤独という、あの深淵から……

株式やFXにはない仮想通貨投資の魅力とは

少額からでも投資が可能

仮想通貨投資の魅力の一つに、株式投資に比べると少ない資金からでも投資できるといった点がある。例えば、トヨタ自動車の株式に投資しようとしても、最低取引単位は100株からなので、購入するには最低でも70万円ほどないと買うことができない。一方、ビットコインであれば取引所によっては0.0001BTCから取引できるので、100円もあれば取引をはじめることができる。これなら身の丈にあった額からはじめることができる。一般的な投資商品でこれほど少額で行えるものは存在しない。仮想通貨投資は、最低限必要な額が小さいため、初心者でもはじめやすく敷居が低いのである。



365日24時間取引ができる

株式の取引であれば証券取引所が開いている平日9時~11時半、12時半~15時までしか取引することができない。また、FXといった為替取引であれば24時間取引できるが、週末はできない。一方、仮想通貨取引所は24時間365日休みなく動いているので、いつでも取引することができる。ライフスタイルに限らず、好きな時間に取引ができるのは大きな利点だといえる。



値上がりする可能性が高い

なんといっても最大の魅力は将来的に価格が上昇する可能性が高いことだろう。仮想通貨投資は普及しはじめたばかりである。今後、仮想通貨の需要がますます増えると予想されているため、さらなる価格上昇をする可能性が高いとみられている。加えて、仮想通貨は発行上限が決まっており、時間が経つと発行量が半減していく仕組みになっている。これはすべてのものに共通することだが、ものが限られるなかで、欲しい人が増えれば、そのものの値段は上昇する。そうした観点からも、仮想通貨は構造的に価格が上昇しやすい仕組みになっているのである。2018年には1BTCが2万米ドルを超えると予測する専門家もいるなど、値上がりへの期待は高まっている。アメリカの有名投資家、ジェレミー・リュー氏は2030年までに1BTC=50万米ドル(約5500万円)になると予測している。マカフィー創業者のジョン・マカフィー氏は2020年までにビットコイン価格は100万米ドルを超えるだろうと発言している。また、海外でAIに仮想通貨の価格を予測させたところ、2018年に1BTC=220万円になるという驚きの結果を出したという。必ずしもその通りになるとはいえないが、AIの驚くべき予想があり得ると思えるほど、価格上昇への期待は高まっている。
人気のある仮想通貨は、今後も上昇基調の可能性があるといえる。だからこそ、少し利益が出たからといってすぐに利益確定するのではなく、売りたい気持ちを抑えて持ち続けるここも重要である。価格上昇の恩恵を手にするためには、早めに仮想通貨を持った方が、その可能性が高まるといえる。

ビットコインの取引を行うなら、手数料が-0.01%のZaifがおすすめ。