クソログ

愛は、誰を救えるのだろうか?孤独という、あの深淵から……

億り人も狙える仮想通貨と心構え

仮想通貨(暗号通貨)で億り人を目指すのであれば、特定の銘柄に集中投資し、他の銘柄が上がって自分の銘柄が下がっても、「答え合わせは2~3年後」とゆったり我慢できるくらいの確信を過ごせる自信が必要である。逆に、仮想通貨市場の乱高下に耐えられないようであればまだ投資できるだけの器がないので、もっと勉強する必要がある。分散投資で小さくお金を増やすのが目的であれば、仮想通貨ではなく、もっとリスクの少ない投資信託などを投資対象として選択するべきである。したがって、億り人を狙うのであれば、自分の信じる銘柄に集中投資することが基本となる。
大前提として、仮想通貨の市場や未来がどうなるか誰にもわからない。将来値段が上がる保証はどこにもない。その中でも仮想通貨に投資するということは、ブロックチェーンの将来性と革新性について、可能性を感じているからである。その中でも、特に大きな影響力を持つであろうコインを自分で選択し、判断していく姿勢がないと成功は難しい。

これから紹介する仮想通貨は将来性があるが、それを買うかどうかは、あなたが調べ判断することである。

モナコイン(MONA)

日本で既に屈強なコミュニティを持つコインなので、今後強烈な宣伝と普及があると思われる。発行量上限が多いのが特徴。ビットコインの発行量上限が2100万枚に限定されているのに対してモナコインの場合は、1億512万モナと、他の仮想通貨と比べて非常に高く設定されている。モナコインの発行量上限に達するのはまだまだ先のことなので、価格は安定しやすく、低リスクの投資には相性の良い通貨といえる。また、まだ価格の低いうちに投資しておくことで、ローリスクで大きな利益を狙うことも可能である。

ネム(NEM)

流通量が決まっているので価値が下がりにくく、アップデートすると一気に実用性でトップレベルに躍り出るポテンシャルを持っている。

リップル(Ripple)

銀行の決済システムとして使用されるリップルはこれからさらに実用的に広まっていくことが予想される。SBIホールディングスは、リップルの海外送金サービスをベースとしたシステムの構築を目指しており、今後、日本でも送金環境が整えば、ますますリップルの価値は高まっていくことが期待される。落差が激しく、相場変動が一瞬であるのが一部の投機家に人気。一つの情報で値が日常的に激しく変動することがあるので、事前に有力情報を手に入れることができれば、一瞬で何倍もの利益を出すことが可能。情報としておすすめなのが、エンジニア発信の情報である。仮想通貨のシステムについて解説しているエンジニアの情報の中には、いつ仮想通貨のアップデートが入るかなどの有力情報がある。静かなうちに仕込みを入れて、話題になって暴騰したころに売ってしまうのがベスト。

イーサリアム(ETH)

ブロックチェーンのポテンシャルを発揮する選択肢を最も多く持つプラットフォーム。仮想通貨ナンバー2という以前より普及が進んでいる仮想通貨なので、ビットコインに続く決算仮想通貨として普及していってもおかしくはない。そうなれば値上がる可能性は十分にある。トヨタ三菱UFJやJPモルガンなど、国内外問わず、大手優良企業がイーサリアムのスポンサーになっていることから資金力が高く、今後さらに発展していく可能性がある。イーサリアムは、リアルタイムで決済承認が行われるため、ほとんど時間がかからない。そのため、契約や取引にうってつけの仮想通貨であり、この使い勝手の良さも投資家から高い評価を受ける理由の一つである。


仮想通貨への投資は自己責任で。自分の精神を冷静に保つことができれば、1年後に大きな資産を獲得している可能性は非常に高い。そのためには、余剰資金を投資することが重要である。生活資金を投資にまわすようになると、値下がりに敏感になり、精神的な余裕を保つことが難しくなる。そうなってしまうと利益が出るまで通貨を保有することが難しくなり損失につながる。したがって投資は余剰資産で行うべきである。
投資を行われる方は、取引所コインチェック、手数料の安いZaifでの取引がおすすめ。