クソログ

愛は、誰を救えるのだろうか?孤独という、あの深淵から……

長期的視点での仮想通貨への投資は資産を飛躍的に増大させる可能性がある

仮想通貨(暗号通貨)はその技術に価値があり、将来的に金融インフラだけでなく、あらゆるネットワークインフラとして期待されている。
仮想通貨を持つことであなたの資産が莫大に増える可能性がある。というのも仮想通貨というのは技術や未来のインフラとしてその価値が日に日に高くなってきているからである。インターネットが登場した当初、その技術がここまで発展し、生活する上で欠かせない存在になることを想像できた人はほとんどいなかった。携帯電話が登場した頃もそうである。その技術がここまで大きくなり、1人1台所有することが当たり前の今日を想像できただろうか。
仮想通貨も今はまだ黎明期であり、その技術がどこまで発展するかはわかっていない。しかし、近い将来、金融インフラとして使われる未来が来るのは間違いない。他にも様々な場面でインフラとして機能するようになるだろう。
仮想通貨は目に見えるものではないので、インターネットのような生活インフラとして機能することになる。その価値を理解している人は世界中でもごくわずかである。したがって、今からその技術に対して、投資しておけば、将来的に莫大な資産となって返ってくる可能性がある。事実、ビットコインが初めて取引されたのは2010年だが、当時の価値は1円にも満たないものだった。もしそのころに、100円で100ビットコインを買っていたら、2017年には約2億になっていたのだ。わずか100円で購入したビットコインが、たった7年で2億である。それだけ、この7年でその価値が認められたということである。そして、今の仮想通貨の技術はビットコインとは比べ物にならないくらい優れた技術が登場してきている。すなわち、将来的にはビットコインを超える仮想通貨が出てくることが容易に想像できる。まだ、その価値が世界の多くの人に認められる前に、少しでもいいから投資しておけば、それが3年後、5年後、あるいは10年後には莫大な資産となる可能性がある。

仮想通貨を購入するには、取引所のアカウントが必要になる。取引所では、仮想通貨を買う、売る、もらう、送ることができる。銀行から入金をすることで日本円で買うことができる。中にはクレジットカードで仮想通貨を変える取引所もある。アカウントを持っていない人は、日本国内ですぐに入出金ができる取引所のアカウントの作成をおすすめする。


仮に、1000円しかお金を持っていなくても、1000円分の仮想通貨を持つことができる。したがって、今あまり余裕資金がなくても、実際に仮想通貨を持つことでさらに仮想通貨の知識が深まるので、少額でもいいのではじめてみることが重要である。
人間だれしも、大儲けしたいという気持ちがあるものだが、投資で大きく損をする人は、ハイリスク・ハイリターンの未公開の仮想通貨を買ったり、一時的に大きく上がった仮想通貨を勢いで投資たりしてしまいがちである。現在、1000種類以上の仮想通貨があるが、すべての仮想通貨は意味が違い、その価値も異なる。仮想通貨を買うのであれば、その仮想通貨の技術を学び、将来的にその技術に価値が出るのかを見極める必要がある。仮想通貨を購入する際は、その通貨の実用性と将来性が世の中に役に立つのかを知ることが重要なポイントとなる。