クソログ

愛は、誰を救えるのだろうか?孤独という、あの深淵から……

仮想通貨アフィリエイトは本当に稼げるのか

結論から言うと、とても稼げる。仮想通貨を買うよりも、アフィリエイトした方がいいんじゃないかっていうくらい。だから仮想通貨アフィリエイトをやっている人はあまり人に教えたくないと思う。今なら、参入者が少ないので、十分な先行者利益をあげることができる。なによりアフィリエイトにはリスクがない。実際に仮想通貨を買うと値下がりのリスクがあるが、アフィリエイトにはそれがない。うまくいけばかなりの額を稼げるし、うまくいかなくても失うものは何もない。

もちろん稼げるのは理由がある。理由の一つとして、報酬単価が高いことが挙げられる。

先ほど述べた通り、「競合が少ない」というのも稼げる理由の一つである。たしかに単価の高いアフィリエイト案件は仮想通貨の分野以外に既にある。例えば、クレジットカードやキャッシング(消費者金融)などがそうである。だが、これらの案件は競合が強すぎ、市場が成熟してしまっているため、今から初心者が参入してもまったく歯が立たない。あまりにライバルが多すぎるため、今からクレジットカードやキャッシングのアフィリエイトに参入しても検索順位で上位に表示することはほとんど不可能である。

参入者が少ない

仮想通過アフィリエイトはまだ法人が本格的に参入しておらず、個人サイトばかりで先駆者がほとんどいないので、初心者でも食い込めるチャンスがある。2018年、最もバブルになるであろうジャンルは、紛れもなく仮想通貨のアフィリエイトである。バブルに乗り遅れるなと言わんばかりに口座開設者が殺到しており、取引所の本人確認が遅延するほど登録が殺到しており、アフィリエイトもバブル状態となっている。したがって参入は早ければ早いほど良い。
coincheck(コインチェック)のアフィリエイトは、登録さえすれば本人確認が終了していなくても始められるので、仮想通貨に投資する予定がなくても作っておくに越したことはない。
バブルが弾けたら終わりという可能性も無くはないが、仮想通貨市場がFXや株式のように一般化すれば、今から参入しても遅くはない。先行者利益が得られる可能性は今でも十分にある。というのも仮想通貨そのものが、社会が無視できない存在まで到達しようとしているからだ。既に先物市場には上場しており、仮に仮想通貨のETFが上場すれば、仮想通貨が株やゴールドと同じ投資対象として回りはじめる。ETFになれば、機関投資家も組み込むようになるので、仮想通貨の検索需要の息は長くなる。こういった未来を見据えれば、今からコツコツとサイトを育てても、十分ペイ出来る。
例えば、ビットコインの根本システムであるブロックチェーン技術についてしっかり解説しておけば、投機目的ではなくシステムを学んでから投資を始めたい、といった慎重な人にも刺さるだろう。仮想通貨に対する知識をしっかりつけて解説サイトを作れば、仮に熱狂が終わっても投資サイトとして価値のある物になる。また仮想通貨以外にも「トークン」についてや、「海外」の情報も入れて行けば、ロングテール狙いの記事をたくさん書けるジャンルでもある。

高い承認率

また、アフィリエイトを行う上で、非常に重要なポイントが承認率である。どんなに単価が高くて、どんなに成果が発生しても、それが報酬として承認されなければ無意味である。実際に、成果が発生してもほとんど承認されないような案件は存在する。

Zaifは承認率が非常に高くおすすめである。報酬単価も最大18000円と高い。

高い反応率

100人送客したらだいたい30〜40万円くらいの報酬を見込める。このレベルの収益性が確保できるジャンルはほとんどない。仮想通貨アフィリエイトは月100万円が狙える数少ないジャンルである。通常のアフィリエイト案件であれば、何かを買わせたり、契約させるなどして、お金を払ってもらわないと報酬が発生しないが、仮想通貨アフィリエイトは無料で口座開設するだけ報酬が発生するので、口座開設する側にも心理的障壁がないことも大きい。仮想通貨バブルの流れが加速するほど、仮想通貨アフィリエイトの報酬も爆発的に上昇する。
厳しい審査がなく、すぐにはじめることができ、参入者が少ない今が好機だといえる。