クソログ

愛は、誰を救えるのだろうか?孤独という、あの深淵から……

ビタミンD良いよビタミンD

スポンサーリンク

オナ禁の効果の一つに「テストステロン値を上昇させる」というものがある。男性にとってテストステロンは非常に重要なホルモンであり、これが低下すると腹が出た干からびたおっさんに成り果てる。

テストステロン値が高い人間の例としては、本田圭佑やスティーブ・ジョブズなどが挙げられる。彼らは心に決めたことは何でも実現できると自分にも他人にも信じ込ませる「現実歪曲空間」を創り出す類稀なる能力を持っている。彼らは自分の理想や思ったことは何でも実現させなければ気が済まない人間であり、実際に思い通りに実現させる人間が彼らなのである。人間の性格や行動のほとんどは無意識によってつくられており、その無意識はホルモン分泌の優劣によって左右される。

本田圭佑は幼稚園児の頃から、組織としてうまく機能するように、他の園児たちの遊び場や配置などを命令し、従えていたという。本田はこれを誰かから強要されたり、教えられたわけではない。このようにして生まれつきテストステロン値の高い人間は向上心が高く、支配的でリーダーシップに長けている傾向にある。

手しごきをすれば、テストステロン値が低下するのでエネルギッシュさも同時に失われていく。エネルギーが無いから、何もする気が起きず、何もしないからますますテストステロン値が低下するという負のスパイラルに絡めとられ、次第に手しごきに逃避するようになる。

それを断ち切るにはまずはオナ禁。なにはともあれオナ禁である。そして、そのオナ禁をサポートするのが他でもないビタミンDである。


ビタミンDは、ほかのビタミンとは別格で、ホルモンに匹敵するほどの重要な役割を持っていると言われている。


ビタミンDの驚くべき医療効果_CBN


最近の画期的な研究では、ビタミンDのレベルを高めると遊離テストステロンが増大することが明らかにされている。
英国マンチェスター大学による臨床試験論文では40歳から79歳の男性の大集団を対象に、ビタミンDとテストステロンレベルの関係を調べ、ビタミンDが欠乏した男性群(20ng/ml以下)は遊離テストステロンのレベルが低いことが分かったという。生殖機能が低いと共に、ビタミンD欠乏の男性群は体脂肪が多く、心血管疾患の頻度も高く、憂鬱症にかかりやすいことも明らかになった。
それに反し、ビタミンDが十分(30ng/ml以上)な男性群はテストステロンレベルが高く、脂肪の低い体組成で、除脂肪筋肉の割合も高く、総体的に健康状態が良好という結果だったのだ。
また、オーストリアグラーツ大学医学部の研究によると、テストステロンレベルが低くかつビタミンDが欠乏した男性群に、毎日ビタミンDを3,332IU(またはプラセボ)1年間投与したところ、1年間でビタミンDのレベルが2倍に高まり、十分な範囲(36ng/ml)まで達することを確認した。
ビタミンDを摂取した男性群は、研究終了時にはフリーテストステロンのレベルが20%高まっており、プラセボ群はテストステロンレベルにもビタミンDレベルにも変化はなかったのだという。

Association of hypogonadism with vitamin D status: the European Male Ageing Study. - PubMed - NCBI
Effect of vitamin D supplementation on testosterone levels in men. - PubMed - NCBI



ただしビタミンDには過剰症も認められているので、サプリメントなどで摂取する場合には十分注意されたい。

大塚製薬 ネイチャーメイド スーパービタミンD(1000I.U.) 90粒

大塚製薬 ネイチャーメイド スーパービタミンD(1000I.U.) 90粒