読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クソログ

愛は、誰を救えるのだろうか?孤独という、あの深淵から……

オナ禁日数16日目

スポンサーリンク

昨日と同じように、穏やかな朝の日差しで一日が始まりを告げる
そして僕のささやかな希望といえば、明日も同じようにこの朝を迎えられる
ただそれだけだった…

オナ禁日数16日目。効果として朝起きるのが楽になった。オナ猿だった頃は朝が(特に冬の朝)が辛くて辛くて仕方なく、この世の終わりのような顔して出勤していたのだけれど、ここ最近は比較的スッキリと起きることが出来ている。目覚まし時計が鳴り響く15分くらい前に起床してしまう。それに伴い、朝50回、夜50回、計100回のスクワットを実践している。スクワットをはじめとする筋トレにはテストステロン値を向上させる働きがある。ただ、やりすぎはコルチゾールというストレスホルモンが発生してテストステロンが低下してしまうので注意が必要なのだけれど、短い時間で行う筋トレはテストステロン値を向上させる効果がある。スクワットも習慣化することでオナ禁との相乗効果を狙っていこうと思う。

学生の頃に比べると身長はほとんど変わっていないのに、体重は10キロ以上増えてしまった。テストステロンは痩せている方が分泌されやすいので、もう少し体を絞らなければならない。というかテストステロンが分泌されると痩せやすくなるので、やはりテストステロン上昇効果と高い運動効果を併せ持つスクワットは最強ではないだろうか。
豚よりも細マッチョの方が女からモテるのは細マッチョの方がテストステロン値が高いからだろう。今はモテというよりも、生活の質が本当に向上してきている。オナ猿だった頃の自分の精神状態を振り返ると朝からスクワットやるなんてことは考えられなかった。とにかく怠かったし、1秒でも寝転がっていたかった。

止まっていた時計が少しずつ動き始めているのを感じている。

止まった時計 麻原彰晃の三女・アーチャリーの手記

止まった時計 麻原彰晃の三女・アーチャリーの手記