クソログ

愛は、誰を救えるのだろうか?孤独という、あの深淵から……

みやもさんがブログ書いてない件。やっぱり瞑想は大切って話。

スポンサーリンク


みやもさんのブログの更新が1カ月以上止まっている。最初からこうなることはある程度分かっていたにせよ、あれだけ啖呵をきっておいて「所詮そんなもんか」と思った。

そもそもみやもさんの書いてるようなことはブログじゃなくても表現できるんだよね。文字媒体じゃなくてもいいわけ。

本当に文章を書くのが好きで、それを仕事にしたかったらもっと昔からやってるわけで。今でこそ、インターネットのインフラがだいぶ整ってきてyoutuberみたいなのが出てきて動画で金を稼ぐ連中が出てきたわけだけど、インターネットによる文字表現なんてネット黎明期からあって、文章で勝負するチャンスなんていくらでもあったわけじゃん。そこにずっと気づかないで、30歳間近になって「プロブロガーになる」って、明らかになんの信念もなく、イケダハヤトとかに影響されて、ただ時流に乗っただけってのがわかるんだよ。文章書くためにプロブロガーになるわけじゃなくて、プロブロガーになるために文章を書いているっていう本末転倒な状態なわけですよ。

あと、これは全然関係ないけど、月間35万PVを「35万人の読者」って表現するのずるくないっすか?炎上した記事にたまたま訪れて、読まずにすぐに離脱した人もたくさんいただろうに。それも「読者」にカウントしてアッピールするのってずるくないっすか?そういうの、こざかしいっすよ。フォロワー数考えたら35万人の読者っていくらなんでも盛りすぎでしょ。


普通に働きたくない。年金や保険料は払いたくない。情熱大陸に出て注目を浴びたい。社会を変えたい。でも酒は飲みたい。居場所を作りたい。炎上。自己啓発。ハイパーリバ邸。目立ちたい。人より抜きん出たい。注目。注目。刺激、刺激、刺激。欲望。欲望。欲望。

偏桃体の暴走は止まらない。ブログはどうした。見失ってしまった。偏桃体の暴走によって。頭の中がガラクタまみれだから別のことにすぐに目移りしてしまう。何ひとつ続かない。何ひとつモノにならない。偏桃体の暴走を止めるには瞑想しかない。