読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クソログ

愛は、誰を救えるのだろうか?孤独という、あの深淵から……

金にモノを言わせて恋人を手に入れても幸福にはなれない

スポンサーリンク

nnnaaa00.hatenablog.com


お金さえあれば人は幸せになれるかって言ったらやっぱりなれないんだと思う。僕は昔から、お金で手に入るものと入らないものがあることをはっきりと理解してきたつもりだったけれど、ある程度の金を手にすることでやはりそれは本当だったと実感している。金を持つことの特権は「お金じゃ手に入らないものがある」って負け惜しみじゃなく胸を張って言えることでもある。


お金をたくさん持っていないとダメ、幸せにはなれないというメディアが作り上げた巨大な洗脳の中で日本人は生きている。
だが、人は本来、金がなくても幸せになることができる。なぜなら金が無くてもマサイ族は大富豪と同じくらい幸福だからである。あまり文明が発展していないマサイ族の幸福度が大富豪と同じくらい幸福なのは、家族や仲間との強い絆のなかで暮らしているからだ。

「幸福」とはつまるところ他者から承認されることである。人間ははるか昔から共同体に帰属していることが生きる術であるという環境で暮らしていたから、家族や仲間と共にいることに幸福を感じ、他者から承認されることで幸福に感じるように進化してきた。それは現代においても何ら変わっていない。人間に承認欲求があるのはそのためで、承認欲求を刺激するSNSが爆発的に普及したのもそのためだ。

貨幣が生まれたのはここ数千年の間であり、人間の脳は貨幣だけで幸福になるようにデザインされていないのだ。


金にモノを言わせて恋人を手に入れても人は幸福にはなれない。なぜならお金は本当の意味での承認を齎さないから。例えば、お金で自分の好きな異性を手にした時に、相手がなんで自分と一緒にいてくれるんだろうって考えた時に「お金があるから一緒にいてくれてるんだ」っていうのが分かったらやっぱり萎えてしまう。金で承認を手に入れようとしても、自分自身を心から承認してくれているわけじゃないから心は埋まらない。お金で快楽は買えても、やはり承認による幸福、つまり愛は買えないのだ。
エラい人にはそんな簡単なことがわからんのです。