読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クソログ

愛は、誰を救えるのだろうか?孤独という、あの深淵から……

マイホームは人生を固定化する

スポンサーリンク

賃貸で住むのとマイホームを買うのとで、どちらが得かというのはよく聞かれる質問です。
住宅販売のちらしを見ると、同じ広さの家を買っても、毎月の支払いは家賃より安くすむとか、家賃だったら支払ったお金は全部無駄だけど、マイホームならローンを払いを終わっても家が残るとか、賃貸よりマイホームを買った方がいかに得かということが謳われています。

そう聞くと買った方が得なのではないかという気持ちになってしまうかもしれません。しかし本当にそうでしょうか。

ひとつにはどういう前提で計算しているかということがあります。ローンの返済を変動金利にしているので、目先の支払いが少ないというだけのことかもしれません。そうなると、今は返済金額が少なくても今後金利が上昇すれば、将来の返済金額は大きく膨らむ可能性があります。

また、マイホームを買えばローンを支払った後、自分のものになるといいますが、買った時は新築でも、ローンを払い終わった30年後に残っているのは築30年の家です。建物に資産価値はほとんどありません。
お金の問題だけでなく、買ってしまうと人生が固定化されてしまうリスクもあります。新築の家は買った瞬間に値段が2割ほど下がるといわれれます。売ると大損なので、いったん買ったら引っ越しが容易にできません。
考えていたより子供がたくさん生まれたり、海外移住してみたいとか、やっぱり田舎に移りたいとなったときに融通が利きません。

思いのほか収入が上がったからと、広い部屋に移ることも難しいですし、リストラや倒産で収入がガクンと落ちれば、今度はローンが大きな負担になってきます。
さらには、例えば雨漏りが起こったら、賃貸なら大家さんに依頼できますが、持ち家なら全て自分で直さなくてはなりません。
家のメンテナンスは金銭的なコストも大きいですが、心理的な負担や作業に費やす時間のことを考えても、賃貸で人任せにできるのと自分でやるのとではだいぶ違います。

もちろん、転勤が無く、これからもずっと同じ地域にしか勤務しなくて、仕事が変わる予定もなく、家族構成もそのままで、30年ぐらい住んでも飽きないと思うという人もいるかもしれません。

それでも、これからの時代は想定できない変化が起こりやすいというのは頭に置いておいたほうがよいでしょう。
来年になったら会社が突然リストラをはじめるかもしれませんし、急に海外に転勤になることもあるかもしれません。
要は目先のローン支払い額と家賃を単純に金額だけで比較すべきではないということです。
一見、お得だという感情に流されるのではなく、どんなリスクがあるのかを考えて納得のいく答えを出すべきです。家を買ってから後悔しても遅いのですから。