クソログ

愛は、誰を救えるのだろうか?孤独という、あの深淵から……

謝罪文

スポンサーリンク

www.moneynanpa.jp


木枯らしが吹きすさぶ寒気厳しき折柄、いかがお過ごしでしょうか。

このたび、疑いをもたれている恋愛工学の記事ですが、僕としては2ちゃんまとめをまとめたつもりだったのですが、たしかにあれではパクりと言われてもおかしくないと反省しております。

なぜ、このような軽薄なことをしてしまったのか。それはお金が欲しかったからです。

金儲けのために記事を掲載しましたが、ホットエントリーしたおかげで、まとまったアドセンス報酬になりました。その後、ポリシー違反(性的な文章であるため)の警告が来たため、記事は削除しました。
記事は消え、多くの人に軽蔑され僕にはお金だけが残りました。

このたびはパクってしまい申し訳ございませんでした。どうしてもお金が欲しくてパクってしまいました。お金をゲットできて、みんなが記事を楽しく読めればwin-winだと思っていた僕が間違っていました。
どうやら僕の書く記事は新たな知見も発見も無いつまらない駄作のようです。このたびはくだらない駄文を書いて皆さまを大変不快な思いをさせてしまい、申し訳ございませんでした。
そんな駄作の記事、パクリ記事にたくさんのブックマークがついて、お金まで儲かってしまい、大変申し訳ございませんでした。

僕のような知も才もない人間はインターネットで文章を書くべきではありませんし、そんな人間が書く記事が何かの間違いでホットエントリー入りすれば多くの人を傷つけ、不愉快にするだけなのだと実感しました。
このまま駄文を書き続けても皆さまを不快にするだけですので、ブログを消去することも考えております。僕がブログを消すことで、みんなが幸せになるのならそれもいいのかなとも思います。

駄文ばかりを書き連ねる生きる価値のないブログは消えてしまったほうがいい。金のためにパクるダサくて小さい人間はブログなんて書かないほうがが世の為、人の為になる。

傲慢かもしれませんが、もしも万が一このブログを読んでくれる奇特な人がたった1人でもいれば、その人のために記事を書き続ければと考えておりますが、もしただの1人もいなければ、ブログは金輪際書かないつもりであります。

今後の皆様の幸せを心よりお祈り申し上げます。