クソログ

愛は、誰を救えるのだろうか?孤独という、あの深淵から……

貧乏だから結婚できない?

スポンサーリンク

「結婚したいけれど、お金がないからできない」

収入が少ないという現実は、このような悩みを生みがちです。

確かに、独身女性のなかには「お金がない男性とは結婚できない」という人もいます。

18~34歳の女性に結婚相手の条件を聞いた調査では、30%以上の女性が「経済力を重視する」と答えています。

しかし結婚を考えるうえで、おそらくもっともどうでもよいのが、このような情報です。

その理由を説明するために、いったんマーケティングの話に飛びます。
マーケティングの手法のひとつにマス・マーケティングというものがあります。
これは、市場のニーズの共通点に着目して、商品を作ったり売ったりすることを指します。

一方にはダイレクトマーケティングという手法があります。これは、不特定多数の大衆ではなく、売りたい相手を特定のターゲットに位置づけて、その人の好みに近いものを作り、売るというものです。

経済力を重視する女性が多いというデータを踏まえて、収入アップを目指したり、収入が少ないと落胆するのは、要するにマス・マーケティング的なアプローチといえるでしょう。

しかし、結婚するために必要なのは万人ウケすることではありません。
特定の誰か一人に評価されることです。
そのために重要なのは、ダイレクトマーケティング的な視点なのです。

例えば、収入が少なければ、おそらく結婚後も妻に働いてもらう必要があります。
ならば、専業主婦志望の女性はターゲットになりません。

子供を持ちたいなら「子供をもつよりも夫婦2人で豊かに暮らしたい」という女性もターゲットから外れるでしょう。

このように考えていくと、ターゲットが絞り込めます。
絞り込めたら、あとは相手の好みを満たせるように努力していけば、結婚の可能性も見えてきます。

「お金がないから結婚できない」と悩むなら、最初からお金を求める人をターゲットから外してしまえばよいのです。