クソログ

愛は、誰を救えるのだろうか?孤独という、あの深淵から……

なぜ脱社畜ブログは僕の心を打たないのか

スポンサーリンク

ずっと不思議だった。
なぜ脱社畜ブログの記事が僕の心を打たないのかを。
というのも僕はずっとブラック企業はもちろんのこと会社や社会の理不尽さや不合理さ常々憎んでいたはずだったからだ。


でもそれがなぜかわかったような気がする。
それはこの人の原点が、原動力の源泉が単純に「働きたくない」というものだからだろう。

その単純な動機を正当化するため、彼は日本の労働環境を、ブラック企業を利用した。

あまつさえそれをネタに、アフィリエイトで収入を得て、本を出版しビジネスに利用した。

本当の意味で脱社畜できているのは脱社畜ブログの読者ではない。

そんなブログがどんなに巧みで理路整然とした正論を唱えても僕の心を打つはずがなかったのだ。