クソログ

愛は、誰を救えるのだろうか?孤独という、あの深淵から……

先に目線をそらすと話の主導権を握れる

スポンサーリンク

我々は「相手の目を見て話しましょう」と、子供のころから教わってきました。
ところが、意識して相手の目をずっと見ていると逆に力が入ってしまい、にらんでいるように受け取られてしまうこともあります。

また、シャイな人はついつい目線を外してしまうことがあります。
しかし、それでいいのです。
取り引きなどで話を有利に進めたいときは、必ずしもずっと目を合わせていれば良いわけではありません。
目をそらしたほうが会話のイニシアチブを握れるという心理効果があるのです。
視線をそらすことで、自分のほうが相手より優位に立っているという印象を相手に植えつけることができます。
重要な取り引きの場合、両者の目が合っているときは対等な関係です。
しかし、一方が目をそらすと先に目をそらされた相手は「何か不満でもあったのか」などと気を回すことになり、こちらの様子を伺います。
あとは受け身になって動揺した相手の心理をうまくコントロールし、こちらが優位になるように話をすすめればよいのです。