クソログ

愛は、誰を救えるのだろうか?孤独という、あの深淵から……

人の不幸で飯食ってるくせして聖人づらしている医療従事者

スポンサーリンク


iPS細胞の腎臓再生について(500枚)。人工透析がi... - ヒト | Yahoo!知恵袋


何が「クリニックの必要がなくなりそうで心配です」だ。
なんでこんな何の価値も生み出さねえ奴らを食わせるために税金使って、病気の人が苦しまなきゃなんねぇんだよ。

人工透析なんざ、やらなくて済むものならなくなったほうがいいに決まってんだろが。


こんなのはほんの一部で、こんな連中がわんさかいるわけ。


こいつらの多くは人の役に立つ仕事がしたいって言うけど、逆に人の役に立たない仕事って何だ?
どんな仕事も大なり小なり人の役にたっているから世に存続しているわけで、役に立たない仕事は市場から淘汰されてなくなるわ。っていうことを知らないのが医療従事者。

医療従事者は本当に世間知らずな奴が多い。世の中の仕組みを全然知らない、無知な奴が多すぎる。
職場はきわめて閉鎖的な環境で、ある程度給与も確保されてるものだから、世の中のこと何にも知らない。これ、ほんとだぜ。

まあ、本当は人の役に立ちたいなんて思っちゃいねえんだけど、親からの影響だったり、なんか安定してそうだったり、社会的に認められている仕事だからってことで医療従事者になっただけ。そんな連中ばっかり。

まあ、こいつらは言うなれば満腹ボクサーのくせして、ハングリーボクサーでございってつらした矢吹丈なんだよ。

人の不幸で飯食ってるくせに、ていうか人の不幸がなけりゃ飯が食えないくせして聖人づらしてるわけ。
血税で飯食ってるくせに、「人の役に立ってます!」って聖人づらしてて面白いよなあ。