クソログ

愛は、誰を救えるのだろうか?孤独という、あの深淵から……

人は自分の所有物に対して法外な価値を感じる

スポンサーリンク

ある生産活動を中止することによって生ずる回収不能の投資費用のことを「サンクコスト」といいます。
大型プロジェクトリーダーや経営者のなかには、事業継続が得策でないことが見えてきてもサンクコストが諦めきれずに事業を継続させ、損失を雪だるま式に増大させてしまうことがしばしばあります。

一定投資をして所有したものに過剰な価値を認めてしまう心理作用を所有効果といいます。それが人を損失の泥沼に転落させる正体です。
マーケットの世界における相場の変動に対抗して売り増し、買い増しをして損失を回復しようとすること、損を平均化すること、暴落した株をいつまでも売ることができずに損失を増やしていく悪循環などは所有効果のなせる業なのです。

行動経済学者、リチャード・セイラーはコーネル大学経済学部の学生を対象にした実験で、この奇妙な心理を実証しています。
セイラーは、校章の描かれたマグカップを学生たちの半分に配り、オークションを開いて、マグカップを売る学生がどれほどの値を要求するか、それを買う学生がどれほどの値をつけるか観察しました。

実験の結果、売る側の考える下限価格は平均5.25ドル、買う側の考える上限価格は2.75ドルでした。
この実験が物語っているのは、人はいったん所有したものに法外な価値を感じてしまうということです。
こうした心理に呪縛されているかぎり、人は合理的な経済活動などできるはずもありません。

暴落した株をいつまでも売ることができずに損失を増やしていくといった「行動しないこと」による損失を生み続けることになるのです。
このやっかいな心理の底に流れているのは損失に対する過剰な嫌悪です。
「損して得取れ」とはよくいったものですが、それを頭ではわかっていても、目の前の損失を恐れるあまりに損を増やすのが人間の悲しい性なのです。