クソログ

愛は、誰を救えるのだろうか?孤独という、あの深淵から……

インベストメントはプラスサムゲーム

スポンサーリンク

ギャンブルがゼロサムゲームなのに対し、投資はプラスサムのゲームです。


カードゲームのブラックジャックは、場に捨てられたエースと絵札の枚数を記憶し点数化することで、勝負の期待値プラスにすることができます。このことをはじめて発見したのがマサチューセッツ工科大学で数学講師をしていたエドワード・ソープで、この手法を教えられた生徒たちは実際にこの方法を利用してカジノで荒稼ぎしました。
この手法はカードカウンティングと呼ばれ、カウンティングが許されるかぎり、ブラックジャックは定義上、ギャンブルではなく投資なのです。

現実にはブラックジャックのようなプラスサムのゲームはほとんどありません。その数少ない例外のひとつが株式投資です。

株式投資がプラスサムなのは、株価チャートを見れば長期的には株価が上昇しているからだとされていますが、これはアメリカの株式市場には当てはまっても、日本のようにバブル崩壊後から20年以上たっても、最高値の2~3分の1あたりの株価でうろうろとしている市場もあります。これではまったく説得力がありませんから、もう少し原理的に考えてみたいと思います。

株式投資がプラスサムなのは、人々の「少しでも豊かになりたい」という欲望によって市場が拡大していくからです。我々は、一度手にした生活水準を手放したくないと強く思うので、市場には強固な下方硬直性があります。つまり、いったん拡大した市場はめったなことでは縮小しません。
景気が過熱すると、貨幣の回転率が上昇し、市場に流通するお金の総量が加速度的に増えていきます。
こうして、長期的にはインフレでモノの値段が上がっていきますが、このとき会社は、投資に対してレバレッジをかけているので、その分だけ利益は大きくなって株価がインフレ率を超えて上昇していくのです。
このように資本主義は、人間の欲望を原動力として自己増殖していくメカニズムなのです。

しかし、このことはすべての株式市場が一律に成長することを意味しません。経済状況は国によって異なりますから、調子の良いときもあれば悪いときもあるでしょう。
しかし、全てを足し合わせ、グローバル市場全体で見たときには、株式投資はたしかに長期的にはプラスサムになっているのです。

ほぼ確実に世界の経済成長があなたの財産に変わる最も賢いETF海外投資法

ほぼ確実に世界の経済成長があなたの財産に変わる最も賢いETF海外投資法