クソログ

愛は、誰を救えるのだろうか?孤独という、あの深淵から……

限定されると買いたくなる

スポンサーリンク

買い物をしていると、さまざまな売り文句を見聞きします。
よくあるのが「レジにて5%引き」「値下げしました」というような、お財布にうれしい売り文句。
「人気商品」「売れています」といった、同調心理をくすぐる言葉もよく使われています。

もう一つ頻出のものがあります。
それは「最後の1点」など、限りがあることをあらわす言葉です。アパレルショップなどでよく耳にするセリフです。同じ商品を大量入荷しないため、すぐに最後の1点になってしまうのでしょう。
この「最後の1点」という言葉は、そのときを逃すと買えなくなることを意味するため購買意欲を高めます。というのも人は皆、無意識のうちに「自分は自由だ」と思っているため、その自由が失われそうになると抵抗したくなるのです。
これを心理的リアクタンスといいます。何かを失いそうになると、ついそれが惜しくなり、反動的にその対象の価値が高まるのです。

限定を表す売り文句には数量限定をあらわす「在庫あとわずか」、「先着○名様」「売り尽くし」「限定○○個」や期間限定をあらわす「バーゲンセール」「本日限り」「いまだけ特価」などがあります。

簡単には手に入らないことがわかると、それが妙に魅力的に見えてくることは買い物に限らずよくあることです。手に入れば、買ったものに対する満足感も大きくなりますし、希少価値のあるものを手に入れたという優越感も味わえます。

「今だけ」と限定されると、早く決断しなければならない焦りも生じます。いつも必要のないものまで買って後悔してしまう人は、こうした言葉に煽られていないか、一度振り返ってみるとよいかもしれません。