読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クソログ

愛は、誰を救えるのだろうか?孤独という、あの深淵から……

友引の日に葬式をしてはいけない?

スポンサーリンク

身内が亡くなると、悲しみもそこそこに葬儀の日程を決めなくてはなりません。
ところで、「友人を道連れにしてしまうので、友引に葬式をあげてはいけない」と言われるのを一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
考えてみると、日本人は「仏滅」や「大安」といったものを非常に気にする性質です。葬儀に参列する方は、その日が友引だからといって、自分がまきこまれるとはあまり考えないものですが、それでも行う側が友引を避けようとするのは今も昔も変わりません。

しかしこれは、ただの迷信にすぎません。
友引は、陰陽道でいう「六曜」の一つです。六曜とは中国に伝わる古い占いのことで、日本に入ってきたのは室町時代頃といわれています。
元は「先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口」の6つを一か月で繰り返すという「七曜」と同じような扱いをされていました。後に吉凶の意味が注目されるようになり、第二次世界大戦後あたりから流行りだしました。

友引はそもそも「何をしても勝負がつかない(ともに引き分け)」という意味であり、「共引」と書かれていました。それがいつの間にか「友を引きこむ」と解釈され、葬式では縁起の悪い日という考え方が生まれたのです。

本来の意味なら友引の日に葬式をあげても問題はありませんが、誤訳が一般化してしまった現在では、理解を得るのも容易ではありません。友引の日を休業にしている葬儀屋も多いため、実際に友引の日に葬儀を行うのは難しそうです。

ちなみに「大安は縁起がいい」、「仏滅は縁起が悪い」というのも友引同様、迷信にすぎません。結婚式を仏滅に行っても問題はないのです。
最近では式場が安い仏滅をあえて選んで結婚式を挙げるカップルも少なからずいるようです。