読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クソログ

愛は、誰を救えるのだろうか?孤独という、あの深淵から……

もっとも確実なリターンが見込める投資

スポンサーリンク

どんな投資よりも確実なリターンが見込めるもの、それが自己投資です。

自己投資は課税もされませんし、他の人に奪われることもありません。それに使えば使うほど磨かれます。本当に作るべき資産とは使ってもなくならないものであるべきです。
しかし、自己投資のためにお金を使うという発想が自然にできるようになるまでは、意識して続けることが必要です。
「これは投資なのだ」と頭ではわかっていても、それまでの習慣や考え方が染みついているので、しばらくの間は「お金をかけたくない」「もったいない」という、いつもの自分の声と格闘しなければならないでしょう。
この闘いに勝てるかどうかは、ひとねに自分の将来を本気で信じられるかどうかにかかっています。

投資というのは、リターンを得るためにするものですから普通は利回りが大きいものが投資対象になります。仮に現在は2億円の生涯年収が3億円になるなら、年間100万円の自己投資も決して高いとは感じないはずです。その100万円がもったいない人は、自分に投資したところでたいしたリターンは得られないと心のどこかで思っているからです。

収入の10%は自己投資にあてなさいといったことを聞いたことがあるかもしれませんが、それでは少なすぎます。
自分はこんなものでは終わらないという人なら収入の半分、せめて3分の1は自己投資にあてるでしょう。

「それでは生活が成り立たない」「そんなのは無理だ」と感じられるかもしれません。
そこで、普段どういうお金の使い方をしているかを冷静に振り返ってみてください。例えば移住費に毎月どれくらい払っていますか。5万円?10万円?あるいは20万円でしょうか。
では、本代はどうかというとせいぜい月に1万円くらいではないでしょうか。バランスがおかしいと感じませんか。
投資として考えた場合、移住費というのは経済的にはたいしてリターンを生みません。
一方、本は自分を成長させるものですから、投資した金額は、これから5年後、10年後に大きくなって戻ってくることが期待できます。
それなのに、本代が移住費の10分の1というのは、要するに自分という人間は住んでいる家の10分の1しか将来価値を生まないと、自分で認めていることになります。
自分の成長を信じられる人なら、怖れず自己投資にお金を使えます。自己投資にお金が使えない人は、自分が成長することを本気で信用していない人です。
それはつまり、自分の将来を信じていない人ということになります。

買った瞬間にはじまるもの、それが投資です。
買った瞬間におわるもの、それは消費です。