読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クソログ

愛は、誰を救えるのだろうか?孤独という、あの深淵から……

楽天を利用するなら必ず持っておきたい楽天カード

スポンサーリンク




楽天の幅広いサービスで貯めたり、使ったりすることができる楽天スーパーポイント。日頃ネットで買い物をしている人であれば、楽天市場楽天トラベル、楽天ブックスなど何かしらのサービスを利用したことがあるのではないでしょうか。

楽天スーパーポイントを利用できる先は、楽天市場だけでも一憶5千万点以上。使い道には困りません。
なんといっても、魅力的なのが、ポイントの貯めやすさです。楽天グループのサービスではキャンペーンが頻繁に行われ、これを利用することで獲得できるポイント数は激増します。メールマガジンの受信や広告リンクのクリック、アンケートなど、お金を使わなくてもポイントがもらえるチャンスも数多くあり、楽天のヘビーユーザーであればあるほどお得度は高まっていきます。


その楽天スーパーポイントを利用するなら、絶対持っておきたいのが楽天カードです。カード利用で楽天スーパーポイントを獲得できることはもちろん、楽天グループのサービスでは、楽天カード保有者限定のキャンペーンが行われることが多く、持っているかいないかで獲得できるポイントが大違いになるからです。

例えば、楽天市場利用時なら、通常購入に対するポイント付与が1%、楽天カード利用に対するポイント付与が1%で合わせて2%のポイントが付与されます。
また、楽天市場楽天ブックスでは、金曜朝10時から、月曜朝9時59分まで、週末「楽天カード感謝デー」を開催しており、エントリーのうえ楽天カードを使って買い物をするとプラス1%付与されます。
ほかにもキャンペーンが開催されていれば更なる上乗せ可能です。キャンペーンをいかに適用させるかが、楽天カードをお得に使うカギと言えるでしょう。

さらに、追加オプションの「×2ポイントクラブ」に登録すれば、特定日のカード利用に対するポイント付与率が2倍にアップします。
ネットに強い印象の楽天カードですが、街ナカのポイント加盟店を利用の際もポイント付与率が2~3倍アップします。
(ポイント加盟店:エネオスメガストアー、アート引越センター、てもみん、ルームズ大正堂、紳士服のコナカ、ビジョンメガネなど)


なお、年会費10800円の楽天プレミアムカードや、楽天カードのヘビーユーザーの一部が招待される年会費32400円の楽天ブラックカードなら、対象の楽天サービス利用時ポイント付与率がさらに増加します。
空港ラウンジ旅行損害保険などの付帯サービスも充実しているので、より手厚いサービスを希望する人は、これらの上位カードを検討すると良いでしょう。