読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クソログ

愛は、誰を救えるのだろうか?孤独という、あの深淵から……

哲学

スポンサーリンク

哲学じゃ飯は食えない。
ほとんどの場合、哲学を利用して飯を食うことはできない。
それに哲学なんてなくたって人は生きていける。
でも哲学がないとなぜ必死に働いて飯を食わなければならないのか分からない。
なぜ飯を食って生きていかなければいけないのか分からない。

経験的にいって哲学のセンスを持った女性は稀だ。
女性の哲学者は男性に比べて少ない。
多くの女性は真実よりも共感を重視するからだ。
そしてなにより抽象的なものを敬遠し、軽視する傾向にある。
おそらく進化の過程で得たものだろう。
強いられた遺伝子から逃れることはできない。
そういう生き物なのだ。
男性が女性の裸を見ていやがおうにも勃起するのと同じだ。

社会でうまくやっていくためには「共感能力」はとても重要であることに間違いないが、真実を真向から受け止め、理でもって容赦なく思考するには、過度の感情や共感は邪魔になる。
笑うべきところで笑い、泣くべきところで泣く。
そうした紋切り型の思考は哲学と最も対極のところにある。


14歳からの哲学 考えるための教科書

14歳からの哲学 考えるための教科書