クソログ

愛は、誰を救えるのだろうか?孤独という、あの深淵から……

なぜ占いは当たるのか

スポンサーリンク

たいていの占いは当たるようにできています。
診断結果にはあいまいなことしか書かれていないのに、それを自分だけに当てはまっていると思い込んでしまうのです。
これをバーナム効果といいます。例えば「協調性もあるけれど、本当は頑固なところもあります」といったように、二面性を指摘されるとそれらしく聞こえます。そして、一度当たっていると思うと、占い師を信用するようになるため、アドバイスも素直に聞き入れるようになります。
占いに人気があるのは自己認知欲求を満たしてくれるためです。これは自分のことをもっと知りたいと本能的に自分に関する情報を集めようとする欲求のことで、誰もが持っているものです。
なかでも自分だけが知っている情報を改めて思いしることを「自己確認」、今まで自分が知らなかった情報を初めて知ることを「自己拡大」といいます。
このうち、より大きな満足感を得ることができるのは、自分では気づいていなかった長所など、自己拡大的なよい情報をもらったときだといわれています。

つまり、占いは当たってもうれしいし、当たっていなくても、自分の知らない自分を知ることができてうれしい、となるわけです。