クソログ

愛は、誰を救えるのだろうか?孤独という、あの深淵から……

借金を整理する方法

スポンサーリンク

「今のままでは返せない」

そんな借金問題を解決する方法には、大きく分けて「任意整理」、「民事再生」、「自己破産」の3つがあります。


「任意整理」とは、法律家に依頼して貸し手と交渉してもらい、借り主の返済能力に応じて、金利や返済期間、月々の返済額の減額などを行うこと。場合によっては、将来利息のカットや過去の金利の引き直しによって、借金が減るケースもあります。
分割払いにできた場合の返済期間は原則3年までです。100万円くらいの借金であれば、この方法で対応できます。

対して「民事再生」は、裁判所に申立てて借金を減額してもらい、返済可能な一部の残額を3年間で返済するというものです。一般的な借金のカット率は約5分の1から最大10分の1です。全ての財産を手放さなければならない「自己破産」とは違い、要件を満たせば住居を守ることができます。
注意点としては、住宅ローンには適応されないこと。
また、不動産担保ローンの場合は担保の不動産を守れません。

そして「自己破産」は、裁判所に申し立てて免責を受けることで、借金を全て免除してもらう制度です。この場合、財産は全て手放す必要があり、破産後5年間はローンやクレジットカードが使えません。

もちろん返せない借金などするべきではありませんが、どうしても返せなくて困ったら、どの手段がベストかを専門家に相談しましょう。

自己破産は最終手段で、できれば「任意整理」か「民事再生」での解決をしたいところです。