読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クソログ

愛は、誰を救えるのだろうか?孤独という、あの深淵から……

人が皆寂しさ背負って今日も笑いあえたら素敵

スポンサーリンク

女はかつて船橋のホストに入れあげて散々な目にあっていた。女が風俗の仕事を再開した理由は金だった。男に渡すための金。金。
友達がいない、モテない女は寂しさを埋めるため、刹那の人間関係を買う。そんな生活を未だに続けているようである。
女は幼少時代に親や友達から否定され続けて育った。そのことで女は自信を喪失していた。しかし、高校中退し体を売る仕事をはじめて、お金を使うことで初めて人から認めらえる経験をした。お金を使うと人は喜び、そして使った分だけ自分を認めてくれた。女は10代半ばで味わった快感から未だに逃れることが出来ないでいる。女にとって金とは自分の存在意義を確認するための手段なのである。
自分が認めらえるためのお金をもたらしてくれる。そして、悲しい過去を背負った者同士共感しあえる。そんな機会の多い風俗の仕事は女にとって精神的な支えになっているようだった…。