読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クソログ

愛は、誰を救えるのだろうか?孤独という、あの深淵から……

圧倒的に成功し人生を無双する秘訣

スポンサーリンク

「強くなければ生きていけない、優しくなければ生きていく資格がない」とフィリップ・マーロウは言った。男は辛い。なぜ男は辛いか。男が弱者で在り続けることを社会が許さないからである。弱い男に生きる価値がないとは言わない。だが、弱肉強食の原理が支配するこの現代社会において弱い男はどんどん居心地の悪い場所へと追いやられていく。思い出してみてほしい。弱い男たちの末路を。羊をめぐる冒険の「鼠」は自殺したし、羽村センセーは女子高生と心中した。強くなって生き抜くくらいなら、弱いありのままの自分として、この世からバイバイしてしまった。


この成功の秘訣を一般公開することにためらいがなかったわけではない。なぜならこの秘訣は誰にでも実践できる簡易かつ強力な手法だからである。いわば拳銃のようなもので、正しい心を持つものによって正しく利用されればその効果は絶大なのだが、悪人に利用されると、社会に害を及ぼす危険がある諸刃の剣なのだ。それにあまりに多くの人に知られてしまうと優位性がなくなってしまう。それでも公開しようと思ったのは、虐げられている弱者たちを救済するためである。強者は生まれながらにして強者であり、ますます強者になっていく。一方で弱者は生まれながらにして弱者であり、ますます弱者になっていく。生まれてから一度も愛されたことがなく、呪われた運命を背負わされ、屈辱にまみれた人生を生きる人たちに一条の光を差しこむべくこの秘訣を公開しようと思った次第である。

あなたがこの記事を開いたのは、「成功」という言葉に何か引っかかるものがあったからだと思う。あるいは今の鬱屈した現状を打破したい、成功したいという想いがあったからかもしれない。
ここでいう成功とはなんだろうか。何をもってして「成功」と呼ぶのだろうか。金か。地位か。名誉か。女か。あなたがもし、この秘訣を実践すれば、このいずれか、あるいは全てを手に入れてしまうことだろう。
今から僕が語る成功の秘訣は、ちまたに溢れているような有象無象の陳腐な成功法則ではない。そもそも成功法則などというものは、糞の役にもたたない。なぜなら人は皆それぞれ能力も気質も違うからだ。その前提を無視していくら方法論を並べても「いや、そんなん俺には無理だし。」となってしまうのだ。
今にも死にそうな人間に向かって「死ぬ気があればなんでもできる」と軽口をたたく人間がいる。だが、その「なんでも」を人は指し示さない。ただ無責任に「なんでもできる」と言うだけなのだ。だから、僕ははっきりと提示したいと思う。「テストステロンを高める」という「なんでも」を。テストステロンが高まれば全てが可能になる。


そう。人生で成功したければテストステロンを高めればいい。そして、それには誰にでも実践できる具体的な方法がある。人間の行動や能力、性格は全てホルモンや神経伝達物質によって支配されている。つまり、いくら方法論を知ったところで、それを実践できる精神状態や能力なければ無意味なのだ。逆に言えば、ホルモンにより成功に適した精神状態や能力さえあれば、成功するために必要な方法は後から勝手についてくる。特別な専門知識は何もいらない。スティーブ・ジョブズもジョーダン・ベルフォートも一歩間違えればペテン師である。

人生で成功している人間は皆総じて「テストステロン値」が高い。
成功者はなぜテストステロン値が高いのか。テストステロンは単に、男らしい筋骨隆々の体を作るといった作用だけのホルモンではないからだ。テストステロンは冒険心やチャレンジ精神、記憶力や判断力といった認知能力にも関わっている。テストステロン値の高い人間は集中力、判断力に富み、活動的で精神的にタフであり、交渉能力が高い傾向がある。事実、ウォール街で結果を残している敏腕トレーダーたちは総じてテストステロン値が高い。いつまでもうじうじしているテストステロン値が低い人間では生き残れないのだ。
またテストステロンが高い人間は振る舞いが魅力的であり、男女共に惹きつけるため、人脈にも恵まれやすい。特にテストステロン値の高い男は女にモテる。マジでモテる。そしてテストステロンの低い男はモテない。びっくりするくらいモテない。本能レベルで拒絶されてしまう。
テストステロンが高いから行動する。行動するからそれが自信・経験値になり、自信になるからさらにテストステロン値が高まる。テストステロン値が高まるからまた行動して経験が蓄積されてく。これが強者がますます強者となっていく成功スパイラルである。経済的、社会的に成功したかったらテストステロンの分泌が不可欠なのだ。

一方で、テストステロンが著しく低下すると、うつ病や判断力、記憶力の低下、認知症を引き起こすことが知られている。うつ病とまではいかなくとも、テストステロンの低い抑うつ傾向のある人間は競争に勝ったり、誰かの上に立とうとしたり、何かをやり遂げたり、行動するだけの意欲が湧かない。すぐにへこたれてしまう。意欲や行動力がない故に経験や成功体験を積むことができない。成功体験を積むことができないからテストステロン分泌されない。テストステロンが分泌されないから、ますます行動する意欲が沸かない。これが弱者がますます弱者に成り果てていく無限地獄スパイラルである。


では、どうすればテストステロン値を上昇させることができるのか。テストステロン値を高める簡単かつ効果的な3つの方法を提示したい。もちろん全て実践するのが最も効果的だが、1つでもいいからできることからはじめていただきたい。


まず、一つは「スクワット」である。テストステロンは主に睾丸で作られるため、下半身を鍛えるスクワットは筋トレの中でも特にテストステロンを高める効果があるといった研究結果がある。脚の筋肉は体の筋肉の三分の一以上を占めており、スクワットにより体脂肪が減少するとテストステロンの分泌が更に高まる。トレーニング後にタンパク質を摂るとさらに効果的。ただし長時間やるとストレスホルモンによりテストステロンの分泌が阻害されるため要注意である。


二つ目は「オ〇禁」である。テストステロンが分泌されすぎるとハゲるのではないかと懸念する人もいるかもしれないが、ハゲやヒゲ、胸毛はテストステロンが悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンに変換されることによって生じる。テストステロンが多いからといってジヒドロテストステロンが多いとは限らないのだ。オ〇ニーをするとテストステロンがジヒドロテストステロンに変換されることが知られている。そしてテストステロンがたくさん分泌されていても、ジヒドロテストステロンに変換されてしまうと、テストステロン効果の恩恵を受けることはできない。オ〇禁をすることによって、ジヒドロテストステロンに変換されることを防ぎ、テストステロン濃度を増すことができる。オ〇禁をすることで集中力が高まったり、睡眠時間が減ったり、アグレッシブになったりするのはテストステロン値が上昇するからである。3つの中では一番継続が難しいかもしれないが、それゆえに効果は絶大。ちなみにセ〇クスは可である。なぜならセ〇クスは女からの最大の肯定であり、男は女に肯定されるとテストステロンが高まるからである。


三つ目はサプリメントである。

テストステロンの分泌を促す成分、ジヒドロテストステロンを抑制する成分が含まれている。筋トレと相性が良く組み合わせると効果倍増。


他にも睡眠や食事など細かなことを挙げればきりがないのだが、この3つを実践できれば見違えるほどあなたの人生は変わるはずだ。さあ、テストステロンを高めよう。
雑魚を蹴散らし、テストステロンの高まりと共に、太陽の神、ケツァルコアトルが羽ばたく成功の頂まで上り詰めようではないか。

ウルフ・オブ・ウォールストリート 上 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

ウルフ・オブ・ウォールストリート 上 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)