読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クソログ

愛は、誰を救えるのだろうか?孤独という、あの深淵から……

マグソ50クソログエディション

スポンサーリンク

バイク購入にあたって、不要になったマグナ50を赤男爵で買い取ってもらった。問題なく走れていたつもりだったが、どうやら相当傷んでいたようだ。その買取価格5000円。値段がついただけマシなのかもしれない。このマグソ50、既に生産終了になっているが新車で買うと30万円近くするらしい。高い。

新しい相棒は「VTR」に決まった。中古のインジェクション式。連休に納車予定である。免許取得前はクルーザータイプを考えていたが、教習を受けていくうちに人車一体感のあるライディングポジションのネイキッドタイプに惹かれていった。

www.youtube.com

決め手の最大の理由は「扱いやすさ」。軽快で乗り手に極力プレッシャーを与えないであろうバイクを選択した。VTRは足つきが良く、重量も軽く取り回しも楽だという。扱いやすさを重視したのは、バイクを細く長く乗りたいと考えているからだ。僕の周りでは二輪免許はとってけれど、今は全く乗っていないという人が少なくない。

自分に扱える重量や技量を超えたバイクだと、それだけコケたり事故るリスクも高まる。初心者ライダーなら尚更だろう。そのたびに怖い思いをしたり怪我をしたり修理費が嵩んだりすると、乗ることそのものがだんだん億劫になってしまうのは予想に難くない。僕としてはそうなってしまうことだけはなんとしても避けたかった。和代もあれだけ大型バイクと格闘していたのに今となっては全く乗っていない。

250ccなので車検もなく頑丈で燃費の良いエンジンで経済的。個人的にはABSがついていてタンク容量がもう少し大きければ完璧だった。

デザインだけで言えばSRも捨てがたかったけれど、維持費やキックスタートオンリーなのがめんどくさそうだったので今回は見送りました。VTRのデザインも嫌いじゃないですし。おすし。