読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クソログ

愛は、誰を救えるのだろうか?孤独という、あの深淵から……

googleアドセンスの収益を向上させる方法

スポンサーリンク

会社で働いている人たちを見ていると、「この人たちは僕と違って生きることに迷いがなさそうだな」って常々思う。
そんなわけがないだろう、と言われるかもしれない。誰しも悩みの一つや二つ抱えていながらも、それをいちいち表には出さずにやっているだけだ、と。

皆そうやって悩み苦しみながらも、それを押し殺して表面には出さないように頑張っているというのに、それなのにお前は年がら年中辛気臭い面して、いつも苦しそうに歯を食いしばって顔歪ませて、自分だけこの世で一番不幸みたいな面して何様のつもりなんだ、大人になれよ、と。

「でもね、よく考えてみろよ。条件はみんな同じなんだ。故障した飛行機に乗り合わせたみたいにさ。もちろん運の強いのもいりゃ運の悪いのもいる。タフなのもいりゃ弱いのもいる。金持ちもいりゃ貧乏人もいる。だけどね、人並み外れた強さを持ったやつなんて誰もいないんだ。みんな同じさ。何かを持ってるやつにはいつか失くすんじゃないかとビクついてるし、何も持ってないやつは永遠に何も持てないんじゃないかと心配してる。みんな同じさ。だから早くそれに気づいた人間がほんの少しでも強くなろうって努力すべきなんだ。振りをするだけでもいい。そうだろ? 強い人間なんてどこにも居やしない。強い振りのできる人間が居るだけさ。」
 
「一つ質問していいか?」

 僕は肯いた。

 「あんたは本当にそう信じてる?」

 「ああ。」

 鼠はしばらく黙りこんで、ビール・グラスをじっと眺めていた。

 「嘘だと言ってくれないか?」

 鼠は真剣にそう言った。


「風の歌を聴け」より。


もし本質的に強い人間なんてどこにもいないのだとしたら、もし人はみんな弱くて「みんな同じ」なのだとしたら、僕は・・・。


ああ、Googleアドセンスの収益を伸ばす方法ですか?レスポンシブ広告選んで、コードの「data-ad-format="auto">」の部分の「auto」を「rectangle」に変えるといいよ。そうすればCPC(クリック単価)が向上するはずだよ。じゃ。


風の歌を聴け (講談社文庫)

風の歌を聴け (講談社文庫)