読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クソログ

愛は、誰を救えるのだろうか?孤独という、あの深淵から……

究極のビジネスモデル

スポンサーリンク

www.ikedahayato.com

こんなん値段の安い情報商材ですやん。「コーヒー一杯分の値段で」っていうけど、ブックオフの100円コーナーの方がよっぽど充実した情報コンテンツがあるだろうよ。

何時の時代にも人の言うことを鵜呑みにして信じてしまう人はいる。

情報商材なんか買うやついるのかよ?って思う人もいるかもしれないが、情報商材買う人間は存在する。情報商材を買う人間は実際にいるのだ。それもたくさん。

アフィリエイトしてみれば分かる。情報商材は売れるのだ。

情報商材は宗教である。どれだけ情報弱者を洗脳できるかが勝負だ。洗脳さえできれば記事の質は問題ではない。信者にさえしてしまえばゴミでも喜んで買ってくれるからだ。

傍から見れば馬鹿馬鹿しいことこの上ないが、信仰を持たない人が宗教に熱を上げている人が理解できないのと同じことだ。


イケハヤは言う。「初月で50万円は見えてきたので、「noteを使って1ヶ月で50万円稼いだイケダハヤトの戦略を大公開」という感じで、1本1,980円で販売しようと思います。」

その1980円のクソ記事を500人の情報弱者が買うと、約100万円の売上。

その実績を利用し、こんどは「noteを使って1ヶ月で100万円稼いだイケダハヤトの戦略を大公開」という感じで、1本4980円で販売する。


4980円のクソ記事を400人の情報弱者が買うと、約200万円。


その実績を利用し、「noteを使って1ヶ月で200万円稼いだイケダハヤトの戦略を大公開」という感じで、1本9800円で販売する。


以下、エンドレス・・・。


で、それを買った奴が、「noteを使って1ヶ月で30万円稼いだ○○の戦略を大公開」みたいな有料クソ記事を書く。

で、それを買った奴が、「noteを使って1ヶ月で20万円稼いだ××の戦略を大公開」みたいな有料クソ記事を書く。

で、以下、エンドレス・・・。


もし、仮に信者が数万人いたとしたら煽り方しだいで一本10万円の記事とかでも買う奴が1人・2人いる。これほんとだから。ここまで値段を釣り上げると露骨すぎるからやらないってだけ。1500円くらいの書籍の内容をさらに薄くしたような記事でも、「この記事は200万円を稼いだ実績があるので10万円の価値があります」みたいなことを書けば誰か買うんだから笑っちまうぜ。これぞ究極のビジネスモデル。