読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クソログ

愛は、誰を救えるのだろうか?孤独という、あの深淵から……

いつまで君たちは養分であり続けるのか

スポンサーリンク

megalodon.jp


あれはたしかサイバーなんとかっていう会社のフジタとかいう男が言っていたように記憶しているが、「転職していく人やキャリアを作っていく人をたくさん見てきた中で、力のある人はどこに行っても採用されるし、何をやってもうまくいくが、逆にダメな人はどこに行ってもダメな傾向が見られる」というようなことを言っていた。

これはたぶん当たっていて、優秀な人なら大丈夫なのかもしれないが、その人間自身がなんらかの問題を抱えている場合、人間の能力や性格は急に変えることはできないから、環境を変えたところで、結局似たようなことでつまづいたりしてしまう。


環境を変えることで今置かれている状況が改善されるケースが全くないわけではないが、改善される保証もない。
辞めるのは簡単だが、未だ日本社会は年齢差別や新卒採用重視が根強く残っており、経験やスキルのない人間は、再就職が中々できずに苦しむことになる。
結局、常に人を募集しているようなブラック企業にいかざるをえなくなる。
そして転職を繰り返すたびに、どんどん条件は悪くなっていくのだ。

そんなのは自明の理なのに、イケハヤは自身の狭い成功体験から、無責任にサラリーマンなどすぐに辞めてしまえと煽りたてる。なぜ、そんなことをするのか。それは言うまでもなく、アフィリエイトで金を稼ぐためである。馬鹿を煽りたて、その気にさせ、アフィリエイトリンクの詰まった求人サイトにアクセス・登録させ報酬を得る。あるいはプロブロガーを推奨することで自身のブログ塾に参加させ、継続的な養分になってもらうためである。

あとはそいつが、プロブロガーになるために仕事を辞め、再就職できずのたれ死のうと、借金まみれになって一家心中しようと知ったことではないと言わんばかりに、自己責任論の下に切り捨てる。

何がたちが悪いかって実際、自己責任だからである。いい年した大人が、無責任な戯言に踊らされて仕事をやめて、地獄の苦しみに喘ごうとも、強制したわけでもないのだから、好きで本人がその選択をしたとしか言いようがない。故にたちが悪い。

こんなことを言うと「お金を稼ぐことがいけないことなんですか?」とかいわれて煙にまかれるのだろうが、これではヨザーと何も変わらない。ヨザー塾とイケハヤ塾では額が全然違うと言う人もいるかもしれないが、重要なのは本質なのだ。教祖が誰であろうと情報弱者は常に搾取されるしかない。