読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クソログ

愛は、誰を救えるのだろうか?孤独という、あの深淵から……

好きなことで、生きていく

スポンサーリンク

僕はこれまでずっと生きづらさを感じて生きてきた。

辛くて、苦しくて、息苦しい。

それをずっと異常なことだと思いながら生きてきた。

でもそれは間違っていた。それこそが人生だったんだ。苦しみこそが人生の本質だったんだ。

見誤っていた。勘違いをしていた。だってインターネットを開けばあまりに姦しい。

自由に生きる、好きなことで生きていく、公務員、大手上場企業、ベンチャー、年収600万、温かくて幸せな家庭、豊かな老後・・・、人生は楽しいものでなければならない、豊かなものでなければならない、充実していなければならない・・・、まるで苦しい人生、辛い人生、不幸な人生は異常であると言わんばかり。

だがそれは間違っていた。苦しみこそがが人生であり、人生そのものだったんだ。苦しいからこそ人として正常だったんだ。これを異常だと思うから余計に苦しくなる。逆に毎日が楽しくて充実していて、自由気ままに好きなことだけをして幸せに生きていく、そのことのほうが異常なんだ。

そんなのはいつまでも永続しない。なぜなら人生の本質は「苦しみ」だから。人生の根本が苦しみであること、それこそがこの腐敗した世界に生み落とされた、たった一つの唯一の救いだったんだ。