読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クソログ

愛は、誰を救えるのだろうか?孤独という、あの深淵から……

1年で仕事を辞めると「辞め癖」がつく?

クソログのボコボコ相談室
スポンサーリンク

はじまりましたクソログのボコボコ相談室。今日取り上げるイケハヤさんに寄せられた質問はこちら。

大学を出て最初に就いた企業がブラックでした。

うつになり、仕事から逃げるために会社を1年で辞め、今年4月に地元(福島)へ戻ったばかりです。祖母の介護と、政治家を目指すと口からの出任せで政治家秘書として(コネで)仕事に就いたので、家族は喜びました。

でも今(というより正直5月からずっと)「政治家になんかなりたくない」「仕事に全くやりがいがない」と感じています。前職の上司の言葉が頭をよぎります。「1年で仕事を辞める人間は、辞め癖がつくよ」・・・。

でも、やっぱり仕事を辞めたいです。最近やっと、やりたいことが、ぼんやりと見えてきました。まだぼんやりです。ぼんやりのまま、突き進むことは、危険だと思いますか。


辞めてはいけないということではありませんが、辞め癖がつくというのは本当です。

あなたの言う「やりたいこと」とはなんでしょうか。それが質問からはわからないのでなんとも言えません。あなたの言う「やりたいこと」がはっきりとしていていも内容によっては突き進むことが好ましくないこともあるでしょう。

「仕事」というのは基本的に、自分がやりたいことではなく、相手がやってもらいたいことを「やってあげる」ことで対価を得る行為なので、自分の仕事が「やりたくないこと」というのはある意味自然なことなのです。

あなたがお金を支払って物を買ったり、サービスを受けるとき、それを提供する人間にとって「やりがいがある」かどうか「やりたいこと」なのかどうかを考えたことはないはずです。それはあなたが仕事をする上でも同じことです。お金を払う側はあなたが仕事に対してやりがいを持っているかどうかなんて考慮してくれません。

自分の仕事が「やりたいこと」なのが理想的なのかもしれませんが、やりがいがあろうとなかろうと、賃金分の労働をするのが仕事です。そこを見誤って「やりたいこと」を仕事に選んでも、大抵不幸なことになります。

街で働く人たちを見渡せば分かるように、世の中、一見やりがいのなさそうな仕事がたくさんあります。事実やりがいなんてないのかもしれません。
そうした人たちの中には「仕事の内容そのもの」ではなく、その仕事をすることで「誰かに認めてもらえること」や「プロとしての報酬」などをやりがいにするといった発想の転換をしている方もいることでしょう。

ブラック企業に勤めていなくても、どんな仕事でもたいていは壁にぶつかったり、嫌なことがあったりして不満が出てきます。そんなときもしかしたら「自分のやりたいこと」であることが心の支えになるのかもしれません。どんなに辛いことがあっても、「これはやりたかった仕事だから」とその道を突き進めると思えるなら辞めてもいいのではないでしょうか。

そう思えないなら、その道に進んだとしても何らかの不満から挫折する危険があると僕は思います。