読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クソログ

愛は、誰を救えるのだろうか?孤独という、あの深淵から……

もし退職前の有給消化を渋られたら

スポンサーリンク

退職にあたって、約10日ほど有給が残っていたので消化しようと申請したら社長から案の定、「認められない」と言われた。
自己都合で退職する場合は、有給を消化して退職することは認められないと主張する。
自己都合も何も、辞めざるを得ない状況を作り出したのは会社であり、私が辞めることで仕事が回らなくなるのはいつまで経っても人を入れようとしない会社の責任なのだ。


中には立つ鳥はあとを濁さずの精神を以て泣き寝入りして、有給を捨ててしまう人もいると聞く。
だが結論から言うと、自己都合で辞めようと会社都合で辞めようと、人出不足だろうと、就業規則だろうと、会社は労働者の有給の申請を法的に拒否することはできない(労働基準法39条で定められていて、拒否することは違法である)。
つまり、有給を取らせたくないがためによく知りもしないで出鱈目を吹聴しているだけなのだ。

結局、違法である旨、労基に申告する旨を主張したらあっさり申請は通り、有給消化して退職できることとなった。

もしそれでも会社側が有給を消化させない場合(欠勤扱いになっており給与が振り込まれていない場合)、は少額訴訟を起こせば回収することができる。


有給買取なども含め(これも違法)有給消化をしぶる会社や上司は決して少なくないので、もし運悪くそのような職場に当たってしまったら損をしないためにも自らの権利をしっかり主張されることをおすすめしたい。

有給取得に後ろめたい気持ちを持つ人もいるかもしれないが、そもそも有給休暇は労働者の過去の勤務実績に対する恩典として事後的に与えられるもので、当然のことながら労働者側にイニシアチブがある。法律で定められた出勤率を満たすべく、1年間真面目に働いたからこそ、有給休暇の権利が付与されるのだ。

従業員の有給申請に対して会社にできることは「時季変更」だけである。会社には業務に支障が出る場合、有給休暇の取得日を変更させる「時季変更権」が認められている。これは単に忙しい、引継ぎができないという理由では認められず、例えば、繁忙時期、同一期間に多くの従業員が有給休暇の取得を申請し、全員に有給休暇を付与したら事業が正常に回らない場合などが該当する。


だがこれは逆にいえば、退職日を先に決めて退職願が受理された後に有給を申請すれば、会社側は時季変更権も行使できないことになる。会社は一度受理した退職届を撤回することもできないので時季変更しようがないからだ。
時季変更権は、あくまでも従業員が在籍している期間内のみで有効であり、いかに繁忙であろうとも当該従業員の退職予定日を超えての時季変更権の行使は認められていない。

注意すべきは、退職してしまうと有給は消滅してしまうので、退職日を有給分の日数先に決めること。このときに有給の話を一切持ち出さないのがコツで、退職が受理され退職日が決まってから、有給を申請すること。退職日を決める際に有給の話を持ち出すと退職日の変更を交渉される可能性があるからだ。

こうすれば会社を法で雁字搦めに縛った上で有給を取得することができる。正直、大人げないやり方かもしれないが、今回の会社のやり方には怒りを感じたし、これ以上不当に損する人を増やさないためにも、こんなクソ記事を書くことになった次第である。