読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クソログ

愛は、誰を救えるのだろうか?孤独という、あの深淵から……

昼の光に、夜の闇の深さがわかるものか

スポンサーリンク

雨は相変わらず叩きつけるように降っていた。世界中すべての悪意をかき集めてきたかのように。
目を閉じる。このままここでじっとしていれば、やがてすべては終わるだろう。
荒れ狂う海に飲み込まれ、死はすみやかにやってくるに違いない。
誰かから愛されているわけでもない。愛する者がいるわけでもない。悲しむ人間はいるかもしれないが、その記憶も時が洗い流してくれるだろう。
自分が起きているのか、眠っているのかもわからない。
学生のときにクラスルームから見た海を思い出した。その青い輝きは自由の象徴だった。
自分はずっと孤独に、そして自由に生きていくのだと誓った。