読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クソログ

愛は、誰を救えるのだろうか?孤独という、あの深淵から……

体調管理も仕事のうち?

スポンサーリンク

やたら「体調不良」を理由に会社を休む人間がいる。
他の人に比べ、あまりに頻度が多いので本当に体調不良なのか疑ってしまうほどである。これでは本当に苦しくて休んだ時でも、ずる休みだと思われても仕方がない。まさに狼少年である。

僕は、体調不良で休むことそのものが悪いとは思わない。というか休んで然るべきだとは思う。誰だって体調が悪いときは休みたい。

一方で、「体調管理も仕事のうち」だと言いたくなる人の気持ちも分かる。
またこんなことを書くと、「社畜乙」とか言ってくるのがあなた方の作法なのかもしれないが、休んだ人間がいるということは、誰かが必要以上に働いてカバーして負担しているのは紛れもない事実である。
もし、休まれて痛くないのだとしたら、休んだ人間はおそらく戦力になっていない。

休まれて痛いということは、その人間は戦力になっているということであり、戦力になっている人間に休まれると、一緒に働いている人間が普段よりも働くことになる。

そんなのが何回も続けば「体調管理も仕事のうち」だと言いたくなるのも当然だ。

海外には有給休暇とは別に、病欠用の「シックリーブ」という休暇があるとか、理想を語るのは簡単だが、休んだ人間のために、報酬のいかんにかかわらず、誰かが必要以上に負担しているという確かな現実があるということを忘れてはならない。