読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クソログ

愛は、誰を救えるのだろうか?孤独という、あの深淵から……

どうでもいいけどお前のブログ面白くないよ

スポンサーリンク

www.tarappism.com


というわけで説得力なし!はい論破。おうちでママのオマソマソでもしゃぶっててください。

「プロブロガー」というのはたぶん造語なので定義とかはよく知らんけど、言葉の意味から察するに、ブログを書くことで生活しているだけのお金を稼ぐという意味でしょう。

「プロ」というのは基本的に「結果」が価値基準の一番上にくるので、検索エンジンに評価されるために記事を書くのが「悲しい」とか「悲しくない」とかどうでもよくて、それが必要であればやる。結果を出すために出来ることは全部やる。それが「プロ」なんじゃないですかね。
それが嫌なら、自分のやりたいようにのんびり書いてりゃいいんじゃないですかね。そもそも僕自身プロブロガーになりたいと思ったことないですし。

別に「ブログの価値」=「記事数」だとは思ってませんが、この人の言う「ユーザーに価値ある情報」ってなんなんですかね。

「価値ある情報」を届けることが望ましいことなのかもしれませんが、ダイヤモンドをただの石ころだと思う人間がいるように、どんな情報に価値があるかなんて一概に言えないと思うのですが。

一方で、「記事数」は「価値ある情報」なんていうあやふやなものじゃなくて、文才の無い人間でも数として積み重なっていき、結果に直結しやすくわかりやすい。そういった意味で「もっと記事数が必要じゃね?」と書いただけで、記事数がブログの価値だなんて一言も言ってませんけど。

その気になれば10万PVでも何とか1人で生きていけますか、そうですか。そういうのは実際にやってから言ってくださいね。