読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クソログ

愛は、誰を救えるのだろうか?孤独という、あの深淵から……

人生を楽しもう

スポンサーリンク

あなたの周りにもいませんか?付き合いの悪い人。
もしかしたらあなた自身がそうかもしれませんね。


「なんとなく気分が乗らないから」「また次の機会にでも」。そんな言葉でついつい誘いを断っちゃう人。特に予定があるわけでもないのに。結局いつものように薄暗い部屋でせっせとおてぃんぽっぽしごいてる系の人。


そりゃあ、僕にだって分からなくはないですよ。孤独な時間も大切だと思いますし、面倒だなって思うときや、気分が乗らないときだってありますよ。人間ですから。

でも僕は何の予定もないときは、遊びや飲み会の誘いなんかは極力参加するようにしています。

僕は、人脈怪物tehu君のようにはなれないし、なろうとも思わないけど、人と人との繋がりってやっぱり大切だと思うんです。
自分から働きかけたりするのが苦手な分、他人からの働きかけにくらいは応えようって思ってるんです。

「面倒くさい」「今回は無理」「またいつか誘って」。そんなことばかり言ってるとやがて誰からも見捨てられて孤独になってしまう。「余計なお世話」だとか「ほうっておいてくれ」って思うかもしれないけど、企画したり誘う方だってなんだかんだでいろいろ気を使って大変なんだから断られたらガッカリするし、それが続けば、「あいつはどうせ参加しないから誘わなくていいだろ」ってなっちゃう。

そうしてどんどん人が離れていって、人生がどんどん閉じていってしまう。

すぐに、やれコスパだの、時間の無駄だのなんだの言う人いるけど、人生何が起こるか分からない。一か月後、いや1分先だってどうなるか分からないんだ。だからもっと不合理に身をゆだねようと言いたい。不合理を楽しもうと言いたい。
いろんなことに積極的に参加・トライしてみることで、くだらないと思ってたことが意外と楽しかったり、その人の仕事では見れない一面が見られたり、運命の出会いや、思いもよらなかったヒントを貰えることもある。


人生は一度きり。いつまでも薄暗い部屋に籠ってショーペンハウアーを片手におてぃんぽっぽしごいてても仕方ない。
書を捨てて糞をしよう。

もっと人生を楽しもう。

書を捨てよ、町へ出よう (角川文庫)

書を捨てよ、町へ出よう (角川文庫)

イエスマン “YES”は人生のパスワード 特別版 [DVD]

イエスマン “YES”は人生のパスワード 特別版 [DVD]