読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クソログ

愛は、誰を救えるのだろうか?孤独という、あの深淵から……

秒速で人が辞めていく会社は本当にブラックなのか

スポンサーリンク

f:id:lets0720:20150515230428j:plain

今週の火曜日に書いた「秒速で仕事を辞めていく男たち」という記事。ずいぶん反響があり、たくさんのブックマークコメントを頂いた。

そのほとんどが、1日で辞めるのは「労働環境・職場環境が悪いからだろ」「仕事内容がきついからだろ」「会社がクソだからだろ」というものだった。

これに関しては僕に言葉足らずな部分があり、労働環境についてほとんど記載していなかったので、「一日で人が辞める会社なんてクソに決まってんじゃん」と邪推されても仕方ないかと思うものの、やはり違和感があるので一応この記事にて弁解させていただくこととする。

僕は幾つかの会社で働いたことがあるけど、今いる秒速で人が辞めていく会社はその中でも楽な方だと思う。

まず、労働環境だが、勤務時間は朝8時半から17時半。月の平均残業時間は約20時間。もちろんサービス残業などなく、残業代は満額出る。どんなに忙しくても日をまたいだりすることはない。
有給も申請すれば簡単に取れるし、病気で休んでも事後申請することもできる。
厳しいノルマがあるわけでもない。
そもそも初日から新人に仕事を押し付けたりしないし、責任の重い仕事を任せたりしない。
かといって、無慈悲に放置するわけではなく、出来る範囲で仕事を覚えてもらっている。
社員を怒鳴りつけたり、理不尽なことを要求する人もいない。僕自身入社以来そんなことされたことは一度もないし、先輩から懇切丁寧に仕事のやり方を教えてもらった。
朝から、社訓を叫ばされるとか、朝礼でスピーチをしなければいけないといった、面倒なこともない。
求人票の給与額に嘘偽りがあるわけでもない。

それでも、「労働環境が悪い」と言われれば、僕に言えることは何もない。

理由さえあれば1日で辞めることが、さも当然の権利であるかのように語っている人ばかりだったが、そもそも民法で退職が受理されるのは退職届を出して2週間後と決まっている。
多くの会社は面倒だからいちいち追求しないだけで、1日でドロンするのは違法なんだよ。

何も会社側が強制したわけじゃなくてお互いの合意の上で契約を結んだのに、それを1日で破棄するってのは非常識以外の何物でもないだろう。

非常識じゃないというのなら、次の面接で経歴を包み隠さず「理由があって1日で辞めた」って胸張って言えるわけ?言えないよね?なんで言えないかというと1日で辞めることが非常識でそんな奴会社も雇いたくないってことがわかってるからだよね?

教育コストや採用コストだけかかって、1日ほとんどまったく戦力になってないのに、それでも会社は辞めた社員に1日分の給料を支払わなければならない。
逆の立場になってみなよ。
ブラック企業?こんなの僕にしてみればブラックなのは1日で辞める人材の方だよ。ブラック企業ガー、ブラック企業ガー、って言う人はたくさんいるのに、1日で辞める人間はクソだと言ってる人間がほとんどいなかったことに驚きを隠せなかった。

僕は会社を辞めることが悪いとは全く思わない。でも、こうした非常識なブラック人材が増えれば増えるほど、会社は利益を出すためにいろんな縛りや制約を増やさざるを得なくなるから、結果的にブラック企業が増えていくと思うよ。

これは会社に限ったことじゃない。そして、どんどん窮屈な世の中になっていくんだ。

文明論之概略 (岩波文庫)

文明論之概略 (岩波文庫)