読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クソログ

愛は、誰を救えるのだろうか?孤独という、あの深淵から……

評価経済社会は胡散臭いし実現しない

スポンサーリンク

シュッ!シュッ!はあっはあっ・・うっ!ドクンドクンッ! ・・・ふぅ・・。

僕たちは就職しなくてもいいのかもしれない (PHP新書)

僕たちは就職しなくてもいいのかもしれない (PHP新書)


評価経済がー評価経済がーって言ってる人いますけどね、評価経済なんて所詮絵空事ですよ。

お金の無い社会。評価がお金の代わりになる社会。そんなのは絵に描いた餅、夢でしかない。

なんだかんだ言って、貨幣って便利なんですよ。貨幣のない社会って不便なんですよ。

「評価」って貨幣のように貯めることもできないし、具体的に数値化することもできない。

なぜなら実体の無いものだから。

もしかしたら、「評価」は貨幣のように貯めることが出来て、数値化できるって主張する人もいるかもしれないけどさ、「評価」を数値化できるようにして貯めることが出来るようにした時点で、それはもう僕たち人間が尊いと思っている「評価」ではなくなるんだよ。

「評価」が尊いのは実体が無いからなんだ。

だから「評価」って貨幣のように換金したり、貯めることができないから不便だし、そもそも貯めることができなくてもいいと思うわけ。

人への感謝の気持ちや、損得勘定なく誰かに対して楽しい・嬉しい・面白い・素晴らしい・美しいと感じる「評価」は、お金のように貯めることが出来ない一過性のものだからこそ、尊いし、「評価」は評価たり得ているんだ。