読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クソログ

愛は、誰を救えるのだろうか?孤独という、あの深淵から……

バーゲンの買い物は結局損をする

スポンサーリンク

人はどうしても目先の得に流される生き物です。世の中には、そんな人の習性を利用したビジネスが多くあります。
日常生活の中でも、いちいちそうしたものにひっかかっていたら、取るものだけ取られてどんどん貧乏になっていくはめになります。
わかりやすい例でいうとバーゲンでの買い物があります。

もちろんバーゲンで本当に欲しいものを安く買うという合理的な買い物ができていれば問題はないのですが、ほとんどの人はそうした買い方ができません。サイズの合わない物を無理して買ってしまったり、それほど気に入っていないものを、せっかく来たからと、なんとなく買ってしまったりといったことになるのです。
本来なら一生買わずにすんだものを、バーゲン会場に行ったばかりに買ってしまうのです。サイズの合わないものは、はきにくいのですぐにはかなくなりますし、デザインの気に入らないものを無理に買っても、だんだん使わなくなって結局は無駄になります。
なぜそんなものを買ってしまうかというと、手ぶらで帰ると、バーゲンに行った時間や手間が全部無駄になると思ってしまうからです。しかし何かしら買って帰れば、自分に対して言い訳がたちます。
それで、多少気に入らないものでも買ってしまいます。

バーゲンで買ったものの元が取れることは、実はあまりありません。福袋なども人気がありますが、額面では一見、得をしていても得をしたと思うのはそのときだけで長い目で見ると損をしています。

そんなことはわかっていても、バーゲンに行ったらつい買ってしまう人も多いでしょうから、お金を無駄にしないためには、そもそもバーゲンには一切行かないと決めてしまうのもいいかもしれません。