読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クソログ

愛は、誰を救えるのだろうか?孤独という、あの深淵から……

ユダヤ人に学ぶお金の使い道

スポンサーリンク

ユダヤ人はお金儲けがうまいと言われています。
実際、ゴールドマン・サックスやモルガンなどの国際金融資本はユダヤ系ですし、世界のダイヤモンド市場の中心にいるデビアスグループもユダヤ系です。ユダヤ人の大富豪も多いです。
そんなユダヤ人たちがお金の使い道としてもっとも重視しているものは何でしょうか。

3番目に大切にしているのは「金(ゴールド)」で、2番目に大切にしているものがダイヤモンドなどの宝石類だそうです。
長らく国土を持たず、世界各地を放浪してきたユダヤ人は、戦火に巻き込まれたり、迫害を受けるなど苦難の歴史の中を生きてきました。
常に生命の危機に脅かされてきたユダヤ人にとって、何かあったときに即座に持ち運びできる財産は非常に重要なものだったのでしょう。

ゴールドは価値が高く、どこでも通用する資産でしたが重すぎるのが難点です。ダイヤモンドなどの宝石類は、持ち運びも容易で、換金性も高いためユダヤ人は非常時の持ち出し資産として宝石類を大事にしてきました。

しかし、ユダヤ人には金や宝石よりも重視してきたものがあります。
それは「教育」です。
教育こそ、ユダヤ人がいくらお金をかけても惜しいと思わない最重要なお金の使い道なのです。

実際、ユダヤ人の教育水準は非常に高いと言われています。ノーベル賞受賞者もユダヤ人が非常に多いです。なぜ、それほどユダヤ人は教育に力を入れているのでしょうか。
それは、迫害され国を追われた歴史の中で、たくましく生き抜いて社会的地位を築くためには「頭脳」こそがもっとも重要だと思い知らされてきたからでしょう。

生きている限り「頭脳」、知識や技術、ノウハウなどは失われることはありません。着の身着のままで戦火を逃れたとしても、才覚さえあれば商売で稼いでいけます。だからこそ、教育を大事にし、学ぶことを何より重要と考えているのです。
これは非常に示唆に富んだ教えではないでしょうか。

あぶく銭は一夜にして失ってしまうかもしれませんが、学んだことは自分自身の財産になります。その財産は決して失わわれることはありません。社会的成功を成し遂げないなら、学ぶことにお金を惜しんだり、学ぶ姿勢を忘れてはならないのです。