読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クソログ

愛は、誰を救えるのだろうか?孤独という、あの深淵から……

頭に残る読書のコツ

スポンサーリンク

本を読んでいて、気がついたら何も頭に入ってなかったということはありませんか。
また、非常に分厚い本で途中で挫折したという経験はないですか。
よくあることで、決して珍しいことではありません。

しかしせっかく購入した本は、内容をきちんと理解し、最後まで読みたいと考えるのが普通です。

そこで本を読むコツがあります。

「はじめに」と「目次」から読むのです。

特に大切なのは目次です。目次は全体像を把握するためにコンパクトにまとめられた索引です。
章立てにより全体の内容を概観でき、ストーリー展開がわかります。
何ページに何が書いてあるかが一覧できるため、読みたい項目があればそのページだけ先に読むことができます。

目次を一通り読んだら、全体を読むべき本か、もう捨ててよい本かの見極めがおおよそつきます。

全体を読むべき本は最初から順に読んでいきます。わかっている部分は確認程度の飛ばし読みをします。ただし、内容が良い本だったら、飛ばし読みはしません。

章立て、見出し、小見出しを中心に本のストーリー展開を意識しながら目を通すのが、内容が頭に入る読書のコツです。