読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クソログ

愛は、誰を救えるのだろうか?孤独という、あの深淵から……

お金の本質と正体

スポンサーリンク

実はお金の定義というものはあまりはっきりとしていません。

共通している機能としては、「交換の媒介物」となるもの、「価値の尺度」、「価値の貯蔵手段」となるもの、この3つがお金の三大機能と言われています。
その他に重要な機能としては「支配の道具」となるもの「投機的利益の道具」となるものなどがあります。

お金の存在しない時代、我々の祖先は共同体の中で自給自足をしていました。ただ、自給自足というのは、自らの生活に必要なものを全部つくりださなければいけないので、非効率的で重労働であったりします。
自給自足経済では、その地域で取れないものがあったり、モノ自体が不足してしまう場合もありますので、物々交換の必要性が生まれてきます。
ただ、この物々交換というのは、交換としては効率が良くありません。
例えば、Aさんは普段、海で魚を捕っているとします。毎日魚ばかりたべているので、たまには「肉も食べてみたい」と思うこともあるでしょう。そこでBさんの牧場へ行って「魚と牛肉を換えてください」とお願いしても「魚なんて欲しくありません」と言われてしまうと交換が成立しません。

仕方なくAさんは肉を諦めて、今度は野菜との交換を目指してCさんの畑に行って、魚と野菜の交換をお願いするとします。

Cさん「魚は好きだけど、この前たくさん交換してしまって、食べきれないくらい干物にして持っているんだよ」

こういわれてしまうと、やはり交換が成立しません。
仕方なくAさんは物々交換を諦めて、家で魚を食べることにしました。
しかし、家に帰ってみると既に魚は腐っていたなんてことが起きる場合もあります。
このように物々交換はお互いの欲求や必要性が一致しないと交換がスムーズに行えないという不便さがあります。

そこで発明されたのが、交換の媒介物としての「お金」です。

お金とは何かというと、それを持ってくれば「相当分の何かと交換しますよ」という取り決めだったのです。つまり、突き詰めて言えば、お金の本質は「情報」です。

紙切れそのものに価値があるのではなく、全ての人がお金に価値があると認め信用していることで情報が実体化しているに過ぎません。

お金が発明されたことにより、いつでもどこでも誰とでも何にでも交換ができるようになりました。
これは非常に便利ですね。

また、人には得手不得手や好き嫌いがあります。
例えば、僕が絵を描くのが好きで、非常に上手かったとしても、お金がなければ、やはり自分の必要とするものは自分でつくらなければなりません。
そうすると絵を描く時間も無くなってしまいます。
ところが、お金が媒介となることで、好きな絵を描いて、それを売り、生活に必要なものを手に入れることができます。

つまり、お金が人と人を結ぶ道具となり、人間は初めて「自分の得意なことや好きなことをしながら生きていくことができる」という自己実現の可能性を手に入れます。

こうして交感の媒介物としてのお金が使われることにより分業化が促進されていきました。
また、分業することにより専門性が高まり、効率性が向上したり、より高度な技術が開発されたりして、文明が発達していくことになります。